進化したちくわ、スポちくを運動(筋トレ)の前後に食べると効果アップする?!

平成が終わり令和に変わった時に、何かを成し遂げたいと考えたわたしは、筋トレとジョギングを復活しダイエットに勤しむことにしました。平成31年3月20日(水)より週3回の運動をかれこれ三ヶ月続けています。最近は少しペースダウンして週2回ってところですね。

こういった話をすると他人は、「健康的ですね」、「すごいですね。わたしにはできませんよ」などと驚いてくれますが、こっちだってけっして喜んでやっているわけではないのです。わたしは筋トレが本当に嫌で嫌でたまらないのです(笑)ただ、どうせそんなに嫌なことをやるからには成果を最大級に得たい!そんなわたしが導入したのがこれ。スポちくなのです。

スポンサーリンク

スポちくと普通のちくわの最大の違いは栄養素(高タンパク、低脂肪)

スポちく パッケージ

スポちくはその名前のとおりスポーツに特化したちくわで、練りモノ製品の大手である「一正蒲鉾」さんが作った高機能ちくわなのです。ちくわといえばもともと高たんぱくで低カロリーのトレーニー御用達の食品ですが、このスポちくには通常のちくわの1.3倍にあたる、1本あたり7.3gのたんぱく質が含まれているのです。また、脂肪分は1.0gしかないし、エネルギーも59kcalしかないという実に優等生的な食品なのであります。

そんなスポちくには2種類のバージョンがあるのです。ひとつは「チャージ」、BCAAが1本あたり1,500mg含有されたタイプになります。もうひとつは「リカバリー」、ビタミンB1が1本あたり1.5mg含有されたタイプなのです。わたしはかれこれ8本ほど食べていますが、こうやって記事として書いてみると「あれ?かたやBCAAが1,500mgも含まれていて、もう一方はビタミンB1が1.5mg?桁違いだけどそれで効果あるの?」と思ってしまいましたが、公益財団法人長寿科学振興財団の研究によるとビタミンB1は成人男性で1.4mg、育ち盛りの10代の子どもたちでも1.5mgが推奨量のようなので間違いないようです。

まぁ、ビタミンCもそうですが摂りすぎた分は体外に排出されるようなので、多少は摂りすぎてもかまわないのでしょうが、むしろ「リカバリー」の含有量1.5mgはジャストの量だといえるのでは、さすがは一正蒲鉾さんであるといえましょう。

スポちくに弱点はないのか?栄養成分表示を細かく調べてみた!

スポちく パッケージ裏面

ここまでは大絶賛の「スポちく」ですが弱点はないのでしょうか?まずは栄養成分表示をつぶさに見てみたいと思います。以下の数値はすべて1本(45g)あたりのものとなりますが、エネルギー、脂質の低さとたんぱく質の高さは上記のとおりです。では炭水化物5.2gをどうみるかですが、これはご飯(茶碗一杯)の炭水化物が50g強であること、成人男性の許容炭水化物摂取量が330g前後であることを考慮すると優秀であるといえるかと思います。

そして驚くことにDHAとEPAまで含まれているのが特筆事項ではないかと考えております。運動、筋トレを主題とした記事であるため多くは語りませんが、お年頃(アッパー40才)の方であれば脳の衰えや血管の詰まりなどが気になってきていることと思います。DHAとEPAまでが含有されていることは本当に嬉しい誤算であるといえるでしょう。

ここまで読んで、なんだ弱点はないのか?と思われる方もおられるかもしれませんが、わたしが思うスポちくの弱点はただひとつ。その食塩相当量の高さにあると思っています。その量1.1g。厚生労働省が2015年に発表した成人男性9g/日未満を考慮すると十分に高い数値であるのです。まぁ、これはあくまで指標であり大多数の日本人は10g/日以上を摂取しているので許容範囲かなとも思いますが、スポちくを食べた日は少し他の食事を薄味にするなどの工夫をするといいかもしれませんね。

注記:練り物業界の最大手紀文さんのちくわたちも食塩相当量は1gであるので、別に一正蒲鉾さんのスポちくだけが、食塩を多く含んでいる訳ではないことを補足しておきます。

スポちくの気になるお値段は?!

肝心のお値段について、まだ書いていませんでした。公式ページによると1本158円(税抜)です。コンビニ(ここではセブンイレブンとします)で手軽に買えるちくわが5本で100円(税抜)ですから、5本も入っているのと比較するとかなりの割高に感じられるかもしれません。

しかし、重量換算ではスポちく45gとセブンイレブンちくわ130gとなり、グッとその差は縮まるのです。そもそも5本も食べるとカロリーも脂質も摂取量があがる訳で、効率よく栄養素を摂取できるスポちくとは単純に比較できません。個人的には量よりも質を重視したいので、ここでもスポちくにポイントをあげたいところです。

スポちくの性能の高さはわかったが、実際に食べた感想、味はどうなのか?!

スポちく 実物

実際に食べてみた感想ですが、いやこれが普通にうまいのです。わたしはもともと、カミさんに「ハットリくんにでてくる獅子丸みたい」と言われるほどのちくわ好きなので、ちくわにはめっぽう目が無いのですが、この機能性食品であるスポちくは普通に美味しいと思います。その高機能性からは粉っぽいのかなどと思っていたのですが、食感はむしろしっとりとした感じで柔らかさもほどよい感じなのです。

画像のように色艶も焼き加減も、実に普通であり何も問題がありません。やたらと「普通」という言葉を連発していますが、高機能でありながら普通にうまいということは、とても素晴らしいことだと思っています。小さい頃に親が食べなさいという栄養価が高いモノは美味しくないのが当たり前だったことを考えると、本当に有り難いことだと思うのです。一正蒲鉾さん、こんないいモノを作ってくれてありがとう!

楽天市場のスポちくお試しセットがオススメ!

あとがき

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

まとめると、

  • 魚系のたんぱく質が手軽に採れる。
  • ワンハンドで運動の途中でも気軽に食べられる。
  • 低脂肪でダイエッターにも安心。
  • 満足感のある食べ応えでリバウンドも防げる。

といいことづくめなのです。わたしはこれからも買い続け、自分の生活習慣に取りれるつもりです。スポちく、本当にストロングバイですよ!