日本製の小林製薬の糸ようじ(歯間ブラシ)を半年使ってわかった4つのオススメポイント

この半年ほど使い続けている糸ようじを紹介します。デンタルフロスや歯間ブラシと言われた商品群の一種で、歯と歯の隙間を掃除する道具のことです。歯ブラシとは違い、良いモノを一本使い続けるのではなく、大量生産品を使い捨てるのが一般的ですね。

しかし、大量生産品とはいえ口の中に入れるものですから、しっかりとした出自のモノを使いたいと思うのではないでしょうか。そんな方にオススメなのがこの小林製薬の糸ようじ、安心のmade in Japan製品なのです。

スポンサーリンク

小林製薬の糸ようじ(歯間ブラシ)はかきとり力に優れる6本糸!

小林製薬 糸ようじ

パッケージに売上No.1と書いてあるのは伊達では無いようで、うちの近所のドラッグストアでも大量に陳列されていました。「しっかり取れる6本糸タイプ」「入りやすいタイプ細いなめらか4本糸」の2種類がありますが、わたしは前者を選びました。6本の糸がつぎつぎ歯垢をからめ取る!というフレーズに惹かれたからだったりします。

デンタルフロスを使っていた方などは、この糸ようじを初めて使う際には歯と歯の間で引っかかって糸の繊維がばらけたように感じるかもしれませんが、実はこの糸ようじは本当に6本の糸に分かれています。この分かれているのがミソでそれらの1本、1本が歯垢を取り除いてくれる仕組みなのです。

公式ページでもこの辺りのこだわりについては熱く語ってあるので引用したいと思います。

糸ようじの糸は、ただの糸ではありません。極細繊維をより合わせた、歯垢のかきとり効果に優れた糸。 アイテムごとに、糸の材質・細さ・本数の組み合わせ、糸の張り方にもこだわっています。 発売当初、糸が1本だったものから細い糸200本を並べたものに進化。さらに清掃効果を高めるため、かきとり効果と耐久性の高い「6本糸」にたどり着きました。 その結果、お客さまから「しっかり取れるのは、やっぱりコレね」「切れないし使いやすい」などのお声を多くいただいています。

小林製薬の糸ようじは安心の日本製だからオススメできる!

小林製薬 糸ようじパッケージ裏

パッケージ裏に記載されているように、小林製薬の糸ようじはMADE IN JAPAN・日本製であります。近所のドラッグストアでは約10種類ほどのデンタルフロス、歯間ブラシが販売されていますが、生産国は日本、中国、台湾など様々な国のモノがありました。最も多いのは、やはり中国製で同じ小林製薬の商品でもmade in chinaのモノがあるから要注意です。

先にも書きましたが、口の中に入れて使うモノですからどんな国で作られたのか気になる人は多いのではないでしょうか。ここはやはり安心の日本製を使いたいものです。しかもこの小林製薬の糸ようじは、実は1987年から販売され続けており、改良に改良を重ねた商品なのです。歴史がある商品はそれだけで信頼性が高いと言えるのではないでしょうか。

Amazonで小林製薬の糸ようじをチェック!

小林製薬の糸ようじを実際に使ってみた感想(口コミ)、地味に便利なこだわりが?!

半年使ってみたわかった小林製薬の糸ようじの感想ですが、しっかりと歯垢をとってくれるのはもちろんとして、地味に便利な3つの点が気に入っています。歯間ブラシなのだから歯垢をとるのは当たり前という前提で書いてみたいと思います。

  1. パッケージに工夫がされており、密封性が高く清潔に保てる
  2. 外出先でも利用できるよう持ち運び用のケースが付いている
  3. 持ち手がかぎ状のピックになっており歯の裏側の食べかすなどを清掃できる
  4. 一本一本に小林製薬、日本製の刻印が・・・(笑)

以下で細かく一つ一つについて補足します。

パッケージに工夫がされており、密封性が高く清潔に保てる

糸ようじ パッケージ裏がシール

画像で見てもらえると分かりやすいと思いますが、まず60本入りのパッケージは上下に分けることができ30本ずつ使っていくことになります。はじめに全てが開封される訳ではないので、清潔に保てることができるといった寸法ですね。
さらにこの小林製薬の糸ようじが素晴らしいのは、この上下のパッケージはシールになっているため一本一本取り出した後も、きちんと貼り付ければ一定の密封性を保てるのです。わたしはそんなに潔癖症ではないのですが、うちのカミさんはこの仕組みをとても喜んでいました。女性にとって清潔というのはとても大切な要素なのだとあらためて感じました。

外出先でも利用できるよう持ち運び用のケースが付いている

小林製薬糸ようじ 持ち運びケース
持ち運び用ケースというと大げさですが、こういった入れ物が用意されているのです。はじめ、わたしはこの存在に気づいていなかったため、宿泊を伴う出先での利用をためらっていました。しかし、このケースのお陰で持ち運ぶことを躊躇することがなくなったのは大きいです。安価な大量生産品である糸ようじの使い勝手に、ここまでこだわる小林製薬のサービス精神には驚くばかりなのです。

持ち手がかぎ状のピックになっており歯の裏側の食べかすなどを清掃できる

小林製薬糸ようじ 裏が尖っている

こちらも画像を見れば一目瞭然ですが、持ち手側がかぎ状のピックになっており、かつ先端が尖っているのです。これで歯の裏側の汚れをカリカリとほじり取ることができます。カミさんが、「なにこれ?なんでこんな尖った形なの?」と最初に気づいたのですが、かなり便利な機能であるとわたしは思っています。

余談ではありますが、あまりエナメル質を傷つけるのはよくないという説もあるので、本格的な歯石を取りたい場合は、きちんと医科歯科に通うことをオススメします。この糸ようじではあくまで柔らかくカリカリとほじるくらいにしておいた方がいいかと思われます。ガリガリと削るのは歯科医院で看護師さんにお願いしましょう。

一本一本に小林製薬、日本製の刻印が・・・(笑)

最後の一本一本に小林製薬・日本製と刻印してあるというのは、まぁ冗談だと思われるかもしれませんが、これが冗談ではなく実際に一本一本に刻印してあるのです。これは実使用に際してはあまり意味をなさないモノですが、ちょっとびっくりしたので書いてみました。画像はiPhoneでの撮影では近接撮影に弱く、うまく撮ることができなかったためここでは省かせていただきます。

Amazonで小林製薬の糸ようじ【お得なまとめ買い】をチェック!

あとがき

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

デンタルフロスや歯間ブラシを使うようにと、歯医者さんで指導された方は多いと思います。しかし、デンタルフロスのあの独特の使い方に慣れない方は、この糸ようじをまずは試してみてはどうでしょうか。少なくとも面倒くさがり屋のわたしが半年間継続できるほどには使いやすく、何よりも効果が目に見えるのが嬉しいところなのです。本当にオススメです!