2018年に58回モスバーガーに通ったわたしが選ぶベスト10

若い頃から国産品を多用するモスバーガーを好んで食べていますが、2018年度はなんと58回もモスバーガーで食べていたことがわかり自分でもびっくりしています。それだけ食べたわたしが選ぶランキングはきっと誰かしらの参考になるだろうと思って記事を書くことにしました。ちなみに今年(2019年)もすでに38回行ってます。

【モスバーガーが国産品を使い続けていることについては過去記事をどうぞ!】

野菜をはじめ国産品を使い続けるモスバーガーはまじでオススメ!
ウチは毎月5,000円以上をモスバーガーで消費して(食べて)います。なぜ、回数ではなく金額で把握しているのかというと、モスカードに毎月5,000円分をチャージしているが必ず足りなくなるからなのです。 子どもたちやカミさんはたまにはマッ...
スポンサーリンク

9位:とびきりハンバーグサンドきのこ&チーズ 2回

2018年に出た新しい限定メニューですね。うちの子どもたちが好んでよく食べていたので、なんとなく違うものを注文してしまい自分ではなかなか食べることがありませんでしたがこれはかなり旨かったです。メニューから無くなる前に食べることを周りにオススメしていたほどですから。

520円(税込) 496kcal

国産肉(牛・豚合挽き肉)を100%使用したハンバーグに、北海道産ゴーダチーズを使用したオリジナル国産チーズ、きのことごぼうのソテー、シャキシャキの水菜を合わせました。きのことごぼうは国産きのこ3種類(ぶなしめじ、エリンギ、ひらたけ)とごぼう、玉ねぎを加え、一味唐辛子や黒コショウを加えた醤油ベースのソースに、鹿児島県産のまろやかな熟成玄米黒酢をブレンドしソテーしました。こだわりと「和」を感じられるボリューム満点のハンバーガーです。

9位:ダブルモスバーガー 2回

ダブルモスバーガー
次の食事まで時間が空く時などに重宝するのがダブルパティです。「なんだ肉が一枚増えただけか」と思っていると大間違いなのです。けっこう腹持ちするのに、たったの120円増しというコスパよしの逸品なのです。長期戦の会議や運動前に食べたりするには本当にオススメの一品ですね。

490円(税込) 509kcal

モスバーガーのハンバーガーパティをダブルにしました。 あつあつのミートソースとピリッときいた玉ねぎ。食べごたえ納得です。

9位:テリヤキバーガー 2回

昔からのおなじみテリヤキバーガーは、甘くてしょっぱくて若干の酸味もありやはり美味しいです。でも、なんとなくあまり食べなくなったなぁ。若い頃はあんなに食べたのに、、、これも味覚の変化でしょうか。

360円(税込) 370kcal

味噌と醤油を使ったオリジナルのソースをパティにからめた、シャキシャキレタスの和風バーガーです。

7位:フィッシュバーガー 3回

フィッシュバーガー
あまり食べている人を他に見かけないフィッシュバーガー、なーんか好きなんですよねぇ。たまに食べたくなるなる。ただ、「魚ってヘルシーだよね!」と思う割にはカロリーがけっこう高いのが気になったりもしたり。チーズにタルタルですからね。でも、若い人ならばガンガン食べても大丈夫だと思います。しかし、公式ページの説明もやたらシンプルですね(笑)

340円(税込) 392kcal

さっぱりとした白身魚のフライに、チーズがマッチ。

6位:モス野菜バーガー 4回

モス野菜バーガー
モスといえば野菜ですよね。その野菜感たっぷりで最近のお気に入りがモス野菜バーガーです。ただ、野菜が冷たいので冬の寒い野外で食べるのには適しないと思います。逆に夏場だとさっぱりした感が涼しさを感じさせてグッドですね。

360円(税込) 347kcal

タマネギ、赤ピーマン、ズッキーニ、セロリをカットして入れたオリジナルオーロラソースが、パティと生野菜のおいしさをしっかりと引き立てます。 サラダ感覚でさっぱりとお楽しみください。

5位:ナンカレードッグ 6回

ナンカレードッグ
昨年(2018年)は、久しぶりにナンカレードッグが復活したので喜んでいましたが、今年(2019年)もまたまた復活です!モスバーガーのカレー?と侮ってはいけません。これが本当に旨いのです。ナンも本格的だし、こんなに旨いものを食べない手はありませんよ。今年こそぜひご賞味ください!

420円(税込) 472kcal

4位:モーニング野菜バーガー 8回

けっこうな頻度でモスへモーニングを食べに行くので、朝モスメニューが上位に来てしまいます。野菜というネーミングに惹かれた時はこちらを食べてます。そうではなく美味しさに重点を置いた場合は次のBLTを食べている感じですかね。

320円(税込) 328kcal

ハンバーガーパティにトマト、レタス、オニオンスライスをのせケチャップとカロリーハーフマヨネーズタイプで味付けしました。

3位:モーニングバーガーB.L.T. 9回

朝モスの中でこのBLTを選ぶ最大の理由は、実はそのカロリーの低さなのです。それなのにマヨネーズなどのジャンキーな味もしっかり効いていて実に旨いのです。今流行りの脂質・糖質ダイエットからは失格なのでしょうが、最高に旨いのだから仕方がないと思います(笑)

270円(税込) 224kcal

軽く焼いたベーコンと、トマト、レタス、オニオンスライスに、ケチャップとカロリーハーフマヨネーズタイプで味付けしバンズでサンドしました。

1位:モスバーガー 11回

モスバーガー
ブランドを代表するハンバーガーであると同時にモスバーガーで最大級に旨いハンバーガーでもあります。最近はチーズ入りではないモスバーガーの方を好んで食べています。画像に映るチーズっぽい黄色はマヨネーズだったりします。ミートソースと新鮮なトマトに同時にかぶりつく旨さといったら他では得難い体験なのです。袋に落ちたソースにポテトをつけて食べるのもまた最高という。本当に最高の逸品ですよ!

370円(税込) 361kcal

ジューシーなパティに、特製ミートソース。モスの代表作です。

1位:チリドッグ 11回

チリドッグ
自分で集計していてやはりというか、モスバーガーと同点とはいえ最多はチリドッグでしたね。本当に大好きなのです。見た目はモスバーガーのミートソースっぽいですが、こちらはれっきとしたチリソース。辛さのレベルはちょっと辛いという程度ですが、そのスパイシーさが食欲をそそります。食べたことがないかたは是非!是非!

350円(税込) 370kcal

トマト風味と辛みが引き立ったモス特製のホットチリソースにジューシーなソーセージ。ソースとソーセージを極めたおススメの一品です。

あとがき

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

上にもさんざん書きましたが、やはりモスバーガーは美味しいです。きっと2019年も2020年もそれからもずーっとかなりの回数行くんだろうなぁと思います。ちなみにこの夏の一押しはカレーモスバーガー、おそろしいほどのうまさです!なんといってもこの7日間でも2回も食べてますから。

ちなみに、中国産の食材を使っていたり、中国で加工されている「テリヤキチキンバーガー」や「モスチキン 」「モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)」は絶対に食べません。また、ソイパティも中国産の大豆を使っているようですので、食べないようにしています。

【残念なことにモスバーガーが一部の商品で中国産の材料を使い続けていることについては過去記事をどうぞ!】

【2019更新】モスのテリヤキチキンバーガーとモスチキンの鶏肉の産地が未だに中国であることについて
【19.08.15更新!】 今日までモスチキン、テリヤキチキンバーガーは中国産のままです。中国産の鶏肉を使い最終加工も中国で行われています。さらに海鮮かき揚げライスバーガーのかき揚げ本体も中国製ですし、オニポテのオニオンフライも中国産なの...