PS4の値下げを待てない今、PS4をどこで買うのがおトクか調べてみた?!

スポンサーリンク

【追記】
この記事は2015年5月9日に書いたものですが、2017年9月7日現在の情報で修正しております。2016年10月にPS4 PROも発売されておりますが、この記事のやり方はPS4 PROにも有効です。

マインクラフト(以下、マイクラ)をやりたいがために、PS4を買おうといろいろ調べていましたが、ついに結論を出しました。というか買いました、PS4を(倒置法!)

PS4については発売から一年以上が経過しており、値下げの噂が絶えない昨今なのです。そのため、なかなか買うことに踏ん切れなかったのですが、やはり買いたいが時が買い時とばかりに買ってしまいました(笑)

損をしない投資をモットーとするわたしですから、ここでももっともおトクな買い方をしようといろいろと調べてみました。もちろん、いってもフルセットで4万円程度の買い物ですから5%違っても2,000円の差でしかありません。調べた結果をみんなに共有しようという強い思いがあればこその調査結果なのです。

今回は、コンシューマーゲーム機の主な販売元である、Amazon、楽天、ヤマダ電機、ビックカメラ、ソニーストアの5つを中心にチェックしてみました。

PlayStation®4

条件付きでもいいのでPS4を安く買う方法

最も安いのは、実はソニーストアで購入するのが一番安いです。もちろん、インターネット取次サービス(So-net本体割引)というオプションが付きますが(笑)

29,980円(税抜)+最大40,000円で見事にプラスに転じます。家が光回線ではなく、「ちょうどいい機会だからSo-netの光回線にしてもいいか」という人にはバッチリですね。噂のNURO光ですしネットも早くなるかもしれません。そうなったら一石二鳥ですね。

「いやいや、光回線の代金が高いので損するじゃん!」というあなたにオススメなのが楽天です。条件付きですが、二番目に安くなります。

それは楽天のキャンペーンである「お買い物マラソン」を利用して、10%のポイント還元を受けるという手法です。この「お買い物マラソン」というのは、いろいろなショップを買い回ることで、ポイント還元が最大10倍になるというもの。2店で買えば購入したすべてのモノが2倍のポイント還元になりますし、3店、4店と購入店舗数が増えると併せてポイント還元も3倍、4倍になっていくという仕組みです(1店につき1,000円以上の買い物という制限があります)

なんだ、10店で余計なモノを買う必要があるのかと思うかもしれませんが、生活するうえでの必需品を買えばいいのです。たとえば、マスクなどの腐らないモノがいいですね。

三次元マスク グリーンラインコーワ 日本製 | 楽天市場

しかも、同じモノであっても違う店で買えば条件は達成されるのです。わたしは上記の三次元マスクを4店舗で買いました(笑)様々な疾病等の予防の観点から、わたしはマスクを日常的に用いていますから、いくつあっても困りません。しかも、きちんと購入店を選べば、Amazonよりもおトクなお店がいくつもあります。

お買い物マラソン

また、PS4自体も購入するお店(楽天内)をキチンと選べば、ヤマダ電機やビックカメラのリアル店舗と同じくらいの値引き(というかポイント還元)のお店があります。そこで買えばSo-netとの同時購入には負けますが、次点をつけていいだけの値引き額になります。

PS4 新品 本体 | 楽天市場

じつは、ソニーストアの値引きも負けてはいません。定価の29,980円(税抜)は家電量販店を含むすべての販売網と同じですが、ソニーストア提携カードを持っているという条件付きではありますが3%割引となります。

3%割引止まりだと後述する家電量販店に負けるのですが、今、ソニーストアでは、PS4のコントローラーを含むオプションやゲームソフトが、PS4本体との同時購入であれば1,000円OFFで買えるのです。

対戦や協力プレイを前提に購入される方にとって、二つ目のコントローラーは必需品です。それが1,000円OFFですから大きいですね。40,000〜50,000円の買い物で1,000円の割引は2〜2.5%の割引要因と考えていいかと思います。

上記の同時購入サービスは2017年9月現在終了しております。

ついでにいえば、HDDベイの刻印サービスについても、ソニーストアでの直接購入が最も安いのです。一般販売では、3,000円で売られていますが、ソニーストアでの直接注文では2,000円で購入できるのです。

HDDベイの刻印サービスをやるつもりの方にとっては、ソニーストアでの購入が一気におトク度アップしてきます!

条件付きはイヤなので、普通にPS4を安く買う方法

ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店では、29,980円(税抜)に5%ポイント還元とほぼ同じ値段で揃っています。差があっても数十円の差です。

Amazonでは日に寄って値段が変わりますし、そもそも売り切れが多いですが、やはりほぼ同じ値段帯で販売されています。つまりポイント還元ではなく支払う現金が少ない方がいいという方には、Amazonの安値を待つというのもアリかと思います。

【その後、こんな記事も書きました】

新型PS4のニュースが賑わっているSONYですが、2015年決算でもゲーム事業(正確にはゲーム&ネットワークサービス分野)が33%増と好調で...
子どもとマイクラをするために、PS4を買おうか絶賛悩み中ですが、ちょっと気になることがあったので書いてみたいと思います。 【子どもとマ...

あとがき

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

わたしは上にも書いていますが、楽天お買い物マラソンを利用して購入しました。日常的に使う品物ばかりを購入(しかもかなり安く)して、ついでにPS4をおトクに買うことができたので、大満足の結果だと考えています。

この記事がみなさまのPS4購入に、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていていただけると、ブログを続ける励みになります。冒険者たちでは読者の皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。Twitterやはてなブックマーク、FaceBookなどからコメントを頂ければうれしく思います。^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする