Read Article

WordPressでタグを削除する際に苦労したこととたったひとつのコツ(笑)

スポンサーリンク

タグクラウド
ブログの勉強会に参加した際に、タグの利用について使うべきかどうかの意見が二つに分かれました。その後、自分でも調べてみましたが正解はないようですね。

※タグというのは、上の画像のようにタグクラウドとして表示され、カテゴリーとクロスして使える区分のようなものです。

わたしがタグを削除しようと思った理由

以前はSEO的に効果があるとされ一世を風靡した感もあるタグですが、最近はあまり話題にものぼらないようです。ただ、気になる意見として特定のタグにぶら下がる記事数が少ないとムダなページを乱立させているとGoogleに判断されるのではないかというものがありました(キーワード詰め込みになる?)

また、別にタグを使わなくても複数のカテゴリーを使えば同じような効果が得られることも削除しようと思った理由の一つとなります。

という訳で、わたしはタグおよびタグクラウドを削除することにしました。

タグを削除することの困難さ

タグクラウド2
タグクラウドの削除、これが超たいへんだったのです。はじめのうちは投稿一覧から当該タグがある記事を探しては、クイック編集機能を使ってタグをひとつひとつ削除していっていました。

正直いってその単純かつ膨大な作業にぼーっとなるほどでした。

タグを一掃してしまうスゴイ機能(笑)

タグクラウド3
それがWordpressのメニューバーにある「投稿」内の「タグ」ボタンを発見することで作業性は一気に高まります。というか数分で終わってしまいました(笑)あわせてウィジェットからタグクラウドを外してすべての作業を終えました。

キチンとWordpressの機能を把握していなかったわたしが悪いのですが、なかなか普通にしていると使わない機能ですので。。。

グッチはこう思う
削除した「タグ」のうちのいくつかは「カテゴリー」として復活させました。これからは複数にまたがる話題の場合は複数の「カテゴリー」を用いて書いていきたいと思います!

Return Top