Read Article

水泳をはじめて3回目。長く継続し習慣化するためにやったこと考えたこと

スポンサーリンク

昨日、3回目の水泳に行ってきました。泳いだ距離は500m。あと50mか100mくらいならば余裕で泳げる感じでしたが、ボロボロになって次に行くのがイヤになるよりはとそこであがりました。

ちなみに100m泳いだら、50mを大股で後ろ歩き(プール内)しています。はじめと終わりも入れると300mかな。それも地味にいい運動(ストレッチ?)になっていると思っています。

いきなり泳ぐことに対して余裕が出てきたのはなぜか?!

初日は450m泳いだだけで、かなりバテバテでした。それを二回目は500mに伸ばすことができました。そして、三回目の昨日は500m泳いでも少し余裕がありました。

ダイエットの手段としてわたしが水泳をはじめた理由とちょっとしたコツ | 冒険者たち

慣れだとも思いますが、そこまで変わるものでしょうか。筋力がついた?まさか三回目で劇的に変わる訳はありません。わたしは以下の本を読んだお陰かなと思っています。

この本は、タイトルの通り「ゆっくり長く泳ぐ」ことにクローズアップしており、学校で競泳のやり方を教わってきたわたしたちにとって、とても参考になる内容で溢れています。

一例を挙げると、「本当にゆっくり長く泳ぐのに適しているのは、平泳ぎではなくクロールである」、「バタ足で推進力を得るのではなく、推進力は腕のかきにある」などです。

自分の今までの価値観とはまったく違っていて目からウロコでした。書かれている内容を完全に実践できている訳ではないですが、意識して行っています。それがよい結果に繋がっていることが感じられますし、距離の伸びに繋がっているのだと思っています。

習慣

効率的な筋力アップのため、泳いだ後に「ちくわ」を食べています(笑)

ええ、自分でもなんだか笑えますが、泳いだ後に「ちくわ」を食べるようにしています。上では、距離が延びた!、余裕が出てきた!と書いていますが、水泳に行くことは本当にイヤなものです(笑)

時間がないなかプールに通わなければいけませんし、なにより今の季節は寒い。本当に寒いです。誰が好き好んでこの寒空のもと、プールにいって泳ぎたいでしょうか?!

本当にプールに通うのがイヤなので前置きが長くなりましたが(笑)、そんなイヤイヤなプール通いなので、せめて素晴らしく効果的なトレーニングなんだと自分に言い聞かせたいのです。最大限のパフォーマンスを出したいのです。

わたしは水泳に、有酸素運動と筋トレの両方を求めています。ゆっくり長く泳ぐことで有酸素運動の効果を出していけると思っています。そして、筋トレの効果も腕の裏や背中、脇の痛みなどから実感できています。そこに良質なたんぱく質を送り込むことで、筋肉の成長をより効率化したいと考えて「ちくわ」の導入となった訳です(大袈裟?(笑))

実際、泳ぎ終わった後にベンチで「ちくわ」を食べているわたしに「なぜ、ちくわ食べてるの?」と笑ってきた人もいますが、「ちくわもいいけどカニカマでもいけるよ」とアドバイスしてくれる方もいました。

ちくわをはじめとする練り物(地域によって違いますが、さまざまな魚類を原料としています)は低脂肪で高たんぱく質な食べ物です。ちくわは「低脂肪」「高たんぱく質」な食品の代表格ではありませんが、安価なのがいいですし、何よりもどこででも手に入れられます。イマドキはコンビニでも売っています。

また、わたしはプロテインの味の悪さに辟易した思い出があるのに対して、「ちくわ」はむしろ喜んで食べるほど好きなのです。美味しく食べながら筋力増量に貢献できるということで一石二鳥ですね。

泳いだ後に「ちくわ」、ストロングバイですね!!

これから泳ぎ続けていくために考えていること

三回目まではきましたが、上にも書いたようにイヤイヤもいいところです(笑)一週間に2〜3回のペースを持続していくために、いくつか手を打とうと考えています。

まず、第一に周りに宣言します。泳ぎはじめたことを周囲に宣言することで自分を追い込んでいきます。やり続けないとマヌケですから、これは自分にとってはとても効果的です。ここでこうして書いていることもその一環ですね。

次に、達成する段階ごとに自分にご褒美を与えたいと考えています。何回か泳ぎ切ったら、新しい水着を買う。何回目到達したら、新しいキャップを買うなどですね。盛り上がりますね。これまた自分には効果的です(笑)

具体的にここで決めておきます。

  • 5回目達成したら新しいキャップを買います
  • 10回目達成したら新しい水着を買います
  • 1ヶ月達成したらカレーせんべいを解禁します(笑)
  • 2ヶ月達成したらラーメンを解禁します

短い期間に集中させているのは、ここを乗り切ったら続けられることが今までの経験からわかっているからです。季節も春になり寒さも和らぎますので、行きたくない要因のひとつが消えますから。

これらを励みに頑張っていきたいと思います!

グッチはこう思う
それにしても「カレーせんべいの解禁」はわれながら魅力的な条件です。もうすでにこれを書いている時点で食べたいですから(笑)あのジャンキーな味わい、やめられません(笑)

水泳をやることはカラダにイイということはわかっています。わかってはいますが、アタマとカラダとココロが連動するとは限りません。必ずしも一致しないのです。ニンゲンだもの。

いろいろとアタマで考えて、ココロを応援して、カラダを鍛えていきたいと思います♪

Return Top