Read Article

インドで製品を作りはじめたらユニクロを応援しようと思います

スポンサーリンク

ユニクロを運営するファーストリテイリングが、インドから衣料品を調達することを検討しているとロイターが報じています。正確には、柳内会長がインドのモディ首相に同国から衣料品を調達することを検討していることを伝えたとのことです。

え?一企業の会長が一国の首相に?(笑)すごいですね!さすがはユニクロ!!

ファーストリテ、インドからの衣料調達を検討

ファーストリテ、インドからの衣料調達を検討 | Reuters

インド政府の発表によると、ユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正会長は、インドのモディ首相に対し、同国からの衣料調達を検討していることを伝えた。モディ首相は、ユニクロがインドでの事業に関心を示していることを歓迎し、同国衣料業界の強みを強調したという。ユニクロはインドへの出店を以前から検討している。

ファーストリテイリングについては、ずーっと追っかけています。企業としてはかなりの美しさを誇る同社ですが、製品についてもジルサンダーと組んだ+Jなど斬新な取り組みで注目していたのです。

わたしはあることがきっかけで同社の製品は買わなくなりましたが、今回のニュースは楽しみですね。

現在のユニクロの生産拠点については、同社HPに概要が掲載されています。

生産地の拡大
ユニクロ事業のグローバル化が進むにつれ、お取 引先生産パートナーは、中国、ベトナム、バングラ デシュ、インドネシアなど世界各地に広がって います。上海、ホーチミン、ダッカ、ジャカルタに は生産事務所があり、世界最高水準の服づくりを支えています。

ユニクロのビジネスモデル UNIQLO

また、同社の品質を含めた生産管理の体制もグローバル化しているようです。本邦のアパレルといえば完全にドメスティックなイメージがありますが、同社だけは群を抜いて違いますね(笑)

品質・生産進捗管理
上海、ホーチミン、ダッカ、ジャカルタの生産事務所 には、約400名の品質・生産進捗管理の担当者 や匠チームが常駐しています。担当者は毎週 パートナー工場に出向き、課題を解決します。ま た、お客様の品質へのご要望は、即座に生産部 に届くので、問題があった場合は速やかに改善を 図ります。

インドは工業化の過程においてご多分に漏れず繊維事業を主要な産業としてきています。十分な実力を秘めているのではないでしょうか。懸念材料としては、やはり物理的な距離の問題でしょうか。

さまざまなことが距離によって阻まれます。そういった距離の問題を柳内会長率いるユニクロが、どのようにして解決していくのか実に楽しみです(^^

Return Top