Read Article

非実力派宣言!プチクリエイターズ・カフェVol.2に参加して気付いたこと

スポンサーリンク

プチクリエイターズ・カフェVol.2に参加してきました。こちらは、マンガ家の岡野さん(@jun0424)さんが主催するイベントで、その主旨は以下の通りとなります。

プチクリエイターなあなたの工夫と悩み、共有してみませんか?

絵を描くこと、小説を書くこと、写真を撮ること、小物をつくること…
プロとして活動しているわけじゃないけど、そんな創作活動が好きで楽しんでいる、あるいは楽しみたいと思っている。
そんな「プチクリエイター」であるあなたの悩みや自分なりの工夫を、コーヒーや朝食を楽しみながら気軽に話し合える場所。それがこの創作者のための朝活「プチクリエイターズ・カフェ」です。

プチクリエイターズ・カフェ_Vol_2
わたしはVol.1に続いての二回目の参加となります。皆勤賞に見えますが、Vol.1の前にプレリュード(前奏曲)としてVol.0が行われていたそうですからそうではないのですね。残念!

自分に何が足りないのか、自分が何をやっていないのかが見える

若い人たちが、夢に向かっていくスガタを見るのはいいものです(ジジイ発言だな(笑))また、夢に向かっていくスガタもいいですが、自分がナニモノになるのかわからないというナヤミもいいですね(問題発言だな)

もちろん、わたしも夢の途中ですしナニモノにも成り得ていません。そんなある意味モラトリアムな時間を共有するというのはとても貴重なことだと思います。

そして、他の人の悩みにみんなで相談に乗っているのですが、おそらく参加メンバーの全員が「その悩みを自分に置き換えて」考えているのではないでしょうか。

その結果、自分に何が足りないのか、自分が何をやっていないのかが見えてくる。そんな効能がこのプチクリエイターズ・カフェにはあると感じています。

非実力派宣言!ああ、じぶんは何もやっていないなと気付くことができた

前回のVol.1が6月13日に行われています。「今回のVol.2が行われた7月11日までの一カ月間、おまえは何をしていたのだ」と問われると、「ゲームばかりやっていました」としか答えられません。

もちろん、仕事が忙しかった。毎日、接待なんだ。出張だって、めちゃくちゃ多かったんだ。という言い訳はできるのですが、それでもゲームはやっていたのですから。。。

ゲームをしていたのはアウトプットのためだと言いつつ、そのアウトプットがほとんどできていなかったこの一ヶ月間を直視できたことが、今回のプチクリエイターズ・カフェVol.2に参加したことで得た最大のモノだと思っています。

参加メンバーのなかには、絵の教室に通って作品を作った方もいますし、バリバリの創作活動に燃えている方もいれば、ブログで毎日更新を続けている人もいます。これは刺激を受けます。

何か「答え」が見つかれば、それが一番いいのかもしれませんがなかなか難しいと思います。自分を直視することができれば十分なのかもしれません。自分を直視することってなかなかできませんから。

グッチはこう思う
自分の心の中に、「驕り」や「侮り」がたくさんあることがわかりました。例えば、ブログについて「10万PV?すぐにいくんじゃない?」という思い。例えば、「別に10万PVいったから何?食べていけるの?」という考え。

そんな「驕り」や「侮り」があるうえに、何もやっていない。これではナニモノにも成り得ません。まずは、この道の先に何があるのかを見てみようと思います。

主催の岡野さんに感謝しつつ、今日からキッチリとアウトプットするぞ!!

Return Top