Read Article

プチクリエイターズ・カフェVol.1に参加してエネルギーをもらってきたゼ!

スポンサーリンク

プチクリエイターズ・カフェVol.1に参加してきました。こちらは、マンガ家の岡野さん(@jun0424)さんが主催するイベントで、その主旨は以下の通りとなります。

プチクリエイターなあなたの工夫と悩み、共有してみませんか?

絵を描くこと、小説を書くこと、写真を撮ること、小物をつくること…
プロとして活動しているわけじゃないけど、そんな創作活動が好きで楽しんでいる、あるいは楽しみたいと思っている。
そんな「プチクリエイター」であるあなたの悩みや自分なりの工夫を、コーヒーや朝食を楽しみながら気軽に話し合える場所。それがこの創作者のための朝活「プチクリエイターズ・カフェ」です。

プチクリエイターズ・カフェ_Vol_1
本日の参加メンバーは、主催の岡野さんを含め7人。

スシさんは、造形アーティスト。
サチさんは、絵描きさん。
エリさんも、絵描きさん。
クロさんは、写真家さん。
パスモさんは、ブロガーさん。

わたしだけが、一般的な意味でのクリエイターではありませんが、「クリエイター」とは「造り出す者」、「創造する者」だ。自分もこれから創り出す者になるのだと、自分に言い聞かせながら参加してきました(笑)

参加する前に自分が今やっていることを整理できた!

一般的に、「思考はメモに書き出すことでまとまる」と言われますが、人に話す(説明する)ことは、更なる理解を深めることにつながると個人的に思っています。

今回、プチクリエイターズ・カフェに参加することでそういった思考の整理ができました。

はじめて会う人達と話す訳ですから、自分の「考え」や「やっていること」などをある程度まとめておこうと、昨日、移動の途中や休憩時のカフェでせっせとメモをとっておいたのです。

モレスキンにメモをとりながら、過去のページを見返したりするうちに、「考えがまとまる」、「話す内容が整う」、「少し道筋が見えてくる」(ここまで言うと言い過ぎですが(笑))、そんな効果があったと思います。

参加した最大の成果は、今後の活動に対しての気づきが得られたこと!

自分では近すぎてわからないことも、違った視点でみてみると自明の理というほどの答え(のようなもの?)が見つかることもあるのです。

これは事前に考えをまとめておいたことも、寄与していると思われますが、もちろん、参加している方たちのお蔭なのです。誰かが、「何かを語る」、「何かを見せる」と、それについの意見が飛び交う。

それは自分の事ではないけれど、まったくの他人事ではない。そんな適度な距離感がいいのかもしれません。

わたしは、こうして今も書いているこの「冒険者たち」というブログが、実際にやりたいことと結びついていないことにジレンマを感じていましたが、そのことに対してのヒントをもらいました。

「結びついていないとあきらめるのではなく、接点を見いだすことも大切なのではないか」といった文章にしてみれば、カンタンな視点の転換だったのですが自分では思い込んでいるのだから見えないのです(笑)

さまざまな創作活動をされる方々の話を聞けたことも参考になりました。また、懐かしの池袋に行けたことも楽しかったことのひとつです。昔は池袋の大衆酒場でよく呑んでいたなぁ(遠い目)

それにしても、クリエイト(創造する)する方たちの思いの強さには驚きました。いい刺激を受けたというのが一番の収穫です。わたしは自分で燃料を燃やすのも得意な方ですが、やはり他からエネルギーをもらうと違いますね。本当に感謝!!

グッチはこう思う
メンバーそれぞれが、自分の活動や領域のなかで悩んだりしていることを話し合う場。そういった場があることは、とてもいいことだなと感じました。有り難いことです。

自分一人が悩んでいるのではないと安心するわけではないですが、さまざまな思いがあるのだなとふと嬉しくなる瞬間がありました。

参加している方の方向や進度もマチマチです。そんな道の途中の人たちが、「集い」、「語る」、「見せる?」というプチクリエイターズ・カフェ。これからも楽しみにしています♪

Return Top