Read Article

2013年5月以来の豪ドル100円突破でほとんどのポジションを利確しました

スポンサーリンク

仕事が忙しく相場をチェックすることができなかったここ数日のうちに、いつのまにか100円後半をつけていた豪ドルのポジションをほとんど利確しました。残りは数万通貨を残す程度です。

シドニー外為・債券市場=豪ドル上伸、対円での急伸につられ___マネーニュース___最新経済ニュース___Reuters
シドニー外為・債券市場=豪ドル上伸、対円での急伸につられ | reuters

12日午前のオセアニア外国為替市場では、投資家の高利回り選好で豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが対円で急伸した。これにつられ、対ドルの地合いが回復した。豪ドル は1豪ドル=0.8687米ドルまで上伸した。前日は0.7%上げた。対円では2013年5月以来初の1豪ドル=100円を突破。100円50銭で取り引きされた。日銀の超緩和策を受けて、10月中旬以来9円上げた。

このロイターの記事は、昨日(2014年11月12日の13:00)発信されていますが、わたしはニュースをリアルタイムでチェックできる環境にいなかったため数十pips多くとることができました。おそらく市場をチェックしていたら、100.25から100.5円あたりですべて利確していたと思います。いやいやラッキーでした。

もちろん、市場をチェックできていないゆえに損したなということもあり得る訳で、このあたりは最終的にはトントンになるのでしょうね(笑)

このすさまじいばかりの円安がどのくらいのスピード感なのかを振り返るのにちょうどいい記事があります。

円高が加速している理由を考える前に手を動かすことで利益をあげる | 冒険者たち

タイトルが円高が加速している理由うんぬんです(笑)この記事、いつのものかというと2014年10月15日です。たった一ヶ月前の記事なのですね。もうハチャメチャです。ジェットコースターのようなこの相場についていくのは大変なことだと思います。わたしはついていこうとさえ思いませんが。。。

グッチはこう思う
先日来、書いておりますがここもとの相場つきにちょっとキナ臭いものを感じています。ここから年末にかけて盛り上げていかざるを得ない台所事情もわかりますし、普通であればついていくところですがわたしは野生の勘にしたがって早めに本年の大きなトレードは終えようかと考えています。

Return Top