Read Article

iPhoneを使っていて身に覚えのないVerify your Apple IDというメールが届いたらご用心!

スポンサーリンク

昨日、30分間で連続7本のメールがAppleから届きました。さらに間を空けた8時間後にもう1本。メールのタイトルは、「Verify your Apple ID」です。直訳すると「あなたのApple IDを確認して!」ですか。

自分が使っているアカウントに対して、まったく違う名前の人(しかも日本人ではないっぽい)宛に届いている訳ですから、普通に考えると詐欺か間違いだと思います。

Verify_your_Apple_ID

身に覚えのないVerify your Apple IDメールが届いた際にやってはいけないこと

絶対にやるべきではないのは、画像の真ん中にある「Verify」をクリックしないことです。基本的に、身に覚えのないメールの文中にあるリンクなどをクリックすることはないと思います。

しかし、Appleから届いたメールで、かつ内容が英語で書いてありイマイチわからないとあれば、ついクリックしてしまう人もいるかもしれません。こういったケースでは「Verify」をクリックしない方が賢明です。

このメールがAppleからの本物であるとすれば、この宛名の外人さんがわたしのメアドを使って新しいApple IDを登録しようと試みている状況です。この外人さんにこのメアドが属しているかを確認する内容のメールですから、「Verify(確認)」を選択すると面倒なことになる可能性があります。

身に覚えのないVerify your Apple IDメールが届いたら、どうすればいいのか

わたしは放置しておきました(笑)連続で何回も届いたのは効果が無かったからだと思われます。そう言った意味では、わたしが登録しているメアドと似ている誰かが、間違ってやっただけなのかもしれません。

ただ、似ているメアドに間違うといっても7回連続で間違うということは考えにくいです。やはりこれは悪意のある行為だったと思われます。

Appleに連絡するなどの対処もあるのかもしれませんが、手間を考えると放置しておくのが一番いいと思います。

気持ち悪いからといって、間違っても迷惑メール処理を施してはいけません。本当にAppleからのメールであった場合、今後、大切なお知らせが届かなくなるかもしれませんから。ここはそっと当該メールを削除するに留めましょう。

グッチはこう思う
放置しておきましょうと書きましたが、実際にこういうメールが届くことは気持ちがいいものではありません。

ただ、こういった詐欺メールや迷惑メール、間違いメールについてこちらから働きかけることはマイナスになることの方が多いことも事実です。

しかるべき対処法を学んだうえでやるのであれば別ですが、普通の人にとっては無視しておくことが一番の対処法ではないでしょうか。

Return Top