ジョブズも愛したニューバランスのM990v4(M992後継)を買ったゼ!

スポンサーリンク

最近は、健康とダイエットのためにウォーキングを趣味としています。iPhoneでポッドキャストを聴きながらのウォーキングは実に有意義です。ジョギングと違って身体にかかる負荷も低く継続できています。そんな趣味のウォーキングをはじめた10月初旬から数えて、かれこれ三ヶ月が経過したので自分へのご褒美としてスニーカーを買うこととしました。

せっかくだし、ジョブズが愛用していたというニューバランスのM992を買おうと思った

どうせ買うのであれば、最高峰のスニーカーにしようと調べているとニューバランスがひっかかりました。なかでもジョブズが愛用していたというM992がとても気になりました。ジョブズといえば、ジーパンに黒のタートルネックという定番の姿が記憶にありますが、その黒のタートルネックもイッセイミヤケだったとか。さすがにもう自分では買いませんが、わたしはイッセイミヤケも大好きでした。そんなこだわりのあるジョブズにあやかりたいという思いがわいてきました。

→→とり急ぎ、Amazonのnew balance M990V4ページを見たい方はコチラ

ネットで「ジョブズ ニューバランス」というキーワードで検索すると上のような検索結果となります。どうやらジョブズが愛用していたニューバランスはM992という型番だったようです。調べてみるととっくに廃番となっており、その後継としてMR993が、さらに今ではM990v2、v3を経てM990v4というのが最新の型式のようです。

2017年1月現在のジョブズ愛用のニューバランスM992後継であるM990v4を購入!

この990シリーズはニューバランス公式ページによると、

オリジナルの「990」は、舗装路用のランニングシューズとして1982年に発売。
100ドルで販売された「990」は、デビュー当時の広告で「1000点満点中990点」とニューバランス自らが謳ったことで話題になりました。

とのこと。1985年がプラザ合意ですから当時のドル円の為替レートは、おそらく250円前後(調べていないです。イメージです(笑))100ドルといえば、ちょうど25,000円程度ですね。今とピッタリの価格です。更に調べてみると、このM990v4はBEAMSやUAなどでも取り扱いがあるようですが、ニューバランスの公式ショップでは限定色としてダークグレイやネイビーがあるとのこと。


どうせなら限定がいいということで、サクッと公式ショップで買ってきました。正直にいえば、M990v4を検索していた時の初見のイメージは「かっこよくない」でした。なんというか「野暮ったい」感じがしたのです。円を用いたデザインでかつライトグレイの配色で太っちょのイメージだったのです。

しかし、公式ショップでお目見えしたこのダークグレーはどうでしょう。実にスマートです。もうすでに三回ほどウォーキングの際に履いてみましたが、そのクッション性の高さを感じられました。これからこなれてきてわたしの足に馴染んでくるのが楽しみです。

また、米国製というのもいいですね。ヒール部の上側には、「MADE IN THE U.S.A」の文字がじつにさりげなくあしらってあります。ご存知の通り、ニューバランスはアメリカの靴メーカーです。名前は出しませんが、他のスニーカーメーカーが中国などに生産を移すなかで同社はアメリカや欧州での生産にこだわっています。最高峰であるこのM990v4に関しては言うまでもありませんね。

アメリカ製の証はその箱にも表示してありました。箱は容赦なく捨てるタイプですが、せっかくですから記念に写真をパチリ。

あとがき

読んでいただいてどうもありがとうございます♪
わたしは自分へのご褒美として、とにかく良いモノが欲しかったため公式ショップで定価にて購入しました。気になるお値段は25,000円(税抜)です。奇しくも上に書いたプラザ合意前の100ドルスニーカーの価値と同価です。これも投資を生業とするわたしにとっては運命なのでしょう(笑)

しかし、少々値が張るともいえるでしょう。スニーカーにしては高いと思う方もおられるかと思います。少しでも安く買いたいという方にはAmazonで並行輸入品を購入するのも一手かと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていていただけると、ブログを続ける励みになります。冒険者たちでは読者の皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。Twitterやはてなブックマーク、FaceBookなどからコメントを頂ければうれしく思います。^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする