Read Article

持たない生活(暮らし)へ。毎日、ひとつのモノを捨てる〜第十八週〜

スポンサーリンク

シンプルに暮らしたいと思う気持ちが、歳を重ねるごとに強くなってきています。簡素な小屋(秘密基地!)での生活や、トランクひとつに荷物をまとめての旅暮らしに対する憧れのようなモノですね。

人生100のリストにも掲げている、シンプルライフへの取り組みをはじめたいと思います。日々の生活のなかで、使わないモノ、必要のないモノを毎日ひとつずつ捨てていこうかと。

自分の人生で成し遂げたいこと100のリストを作ってみた | 冒険者たち

持たない生活へ
 →モノを100個しか持たないとか、トランクひとつで暮らすとかあるよね。書籍を電子化するとかなり捗るはず

ルールとしては、ただひとつ。使われていないモノは捨てる。使われていないが愛着のあるモノは、ボックスに移す。それだけです。

それでは第十八週目に捨てていったモノたちを紹介します。

Timberland(ティンバーランド)のワークブーツ

Timberlandワークブーツ
はっきり言うと、このワークブーツも一度も履いたことがありません。弟からもらったモノなのですが、ちょっとサイズが合わなかったのです。

ワークブーツだろうがなんだろうが、サイズの合わない靴を履いていると疲れます。そのため、もらってからというもの一度も使っていなかったのですが、なんだかモノは良い物に見えたのでとってありました。

ええ、この「使わないけれど、良い物なのでもったいない」というココロも、一緒に今回捨てさせていただきます。弟くん、もらったことは忘れないよ。ありがとう!感謝!!

戦国IXAのアカウントたち

2015年の5月〜7月にかけて、ブラウザゲームである戦国IXAにハマっていました。システムとしてはオーソドックスなのですが、その美麗なカードたちのトリコになっていたのです。

また、戦国炎舞-KIZNA-もそうなのですが、仲間と一緒に国を共にし合戦を行うというまさにソシャゲちっくな人間関係にもハマったのです。

しかし、さすがに複数のゲームにハマっているほど時間の余裕はありません。ここはバッサリと切り捨てたいと思います。つまり、戦国炎舞-KIZNA-が勝ったということですね。

悔いが残らないようにアカウントを削除します。3つ。そんなにやっていたのかよ!おれ!(笑)

【この頃からハマっていたのですね!】
2015年6月末時点でプレイしているゲーム(ソシャゲ)とその課金額 | 冒険者たち

白いシャツ3つ

こだわりがあって、白いシャツは白くないと嫌なのです。いっている意味がわからないかもしれませんが、白さが損なわれている(黄ばんだり、黒ずんだりですね)シャツは買い替えるということです。

今回は、少し汚れが目立ってきた白いシャツを三着捨てることにしました。昔は、高いシャツを買っていました。GUCCIのシャツとか(笑)

でも、3万円も4万円もするシャツを着るよりも、安いシャツを定期的に買い替える方が美しいのではないかと考えをあらためたのです。今でもその思いは変わっていません。

という訳で、新しいシャツは何を買おうか物色中です♪

追記
今回、この記事を書くにあたり、はじめはシャツ3枚と書いていました。ふと、3着ではないかと調べてみると、やはり「枚」ではなく、「着」が正解だったようです。ブログを書くことで言葉の正しい使い方まで憶えられるなんて素敵ですね!

グッチはこう思う
靴のなかでも場所をとるワークブーツを捨てられたことは大きいですね。もったいないという思いでとってあるモノがまだまだあると思います。

使うモノだけが残るのが理想ですが、そこに至までの道のりはまだまだ遠く果てしないです(笑)

Return Top