Read Article

持たない生活(暮らし)へ。毎日、ひとつのモノを捨てる〜第十二週〜

スポンサーリンク

シンプルに暮らしたいと思う気持ちが、歳を重ねるごとに強くなってきています。簡素な小屋(秘密基地!)での生活や、トランクひとつに荷物をまとめての旅暮らしに対する憧れのようなモノですね。

人生100のリストにも掲げている、シンプルライフへの取り組みをはじめたいと思います。日々の生活のなかで、使わないモノ、必要のないモノを毎日ひとつずつ捨てていこうかと。

自分の人生で成し遂げたいこと100のリストを作ってみた | 冒険者たち

持たない生活へ
 →モノを100個しか持たないとか、トランクひとつで暮らすとかあるよね。書籍を電子化するとかなり捗るはず

ルールとしては、ただひとつ。使われていないモノは捨てる。使われていないが愛着のあるモノは、ボックスに移す。それだけです。

それでは第十二週目に捨てていったモノたちを紹介します。

レスポートサック (LeSportsac)のカバン

レスポカバン
これもまた、古き良き時代の思い出の一品です。大学を卒業し、社会人になったばかりの頃、新しくできた仲間と遊び回っていた日々に使っていたモノです。

懐かしいなぁ。レスポ、流行っていたのです。いくつか持っていましたが、今でも残っているのはコレだけかな。当時から好きだったのね、カモフラ(笑)

今でも使えるモノだけど、もう十分に使い倒しました。ココで捨てたいと思います。ありがとう!

新世紀エヴァンゲリオン 1〜7巻

エヴァンゲリオン1-7
ついに、エヴァンゲリオンに手を出しました。つい、先日、待望の14巻が発売され完結したばかりの名作です。真の名作は、完結してこそだと思うのですが、作者である貞本義行さんはキッチリと終わらせてくれました。

アニメ版や劇場版は、どうにも終わった感がありませんでしたからね(笑)「新劇場版ヱヴァンゲリヲン」(オ→ヲ)になってからの第四作に期待というところでしょうか。いつ、観ることができるのかはわかりませんが、とてもとても楽しみにしています。

あまりにもメジャー過ぎるタイトルですので、いまさら説明する必要はないと思いますが、アニメ版や映画版とは違った味のあるこのマンガ版エヴァンゲリオン。一読の価値があります。わたしは電子書籍で全冊買い直しました(すでに14巻まで出ています)

紙媒体はココで捨てたいと思います。

グッチはこう思う
クローゼットを掘る日々が続いています。家の中での出来事なのに、まさに「掘る」という表現が適切なほど。モノに溢れているのです。

人は、これほどまでに「モノ」に憑かれるものなのですね。我が事ながら驚いています。捨てても捨てても、まだまだたくさんのモノがあります(笑)

Return Top