Read Article

戦国炎舞攻略、協闘バトルでの戦い方のコツやオススメのスキルなどまとめてみた

スポンサーリンク

【2015年8月9日更新!】
協闘バトルやっていますか?「通常のイベントだけで忙しいのに、協闘なんざやってないよ」という人もおられると思いますが、コレがめっぽう楽しくて美味しいのです(笑)

そんな協闘バトルをはじめる際に悩むいくつかの疑問に答えたいと思います。

【参考:こんな記事もオススメです♪】
差し引き12万円ちょいのプラス!わたしがソシャゲ戦国炎舞で課金した額と稼いだ金額を晒します | 冒険者たち

協闘バトルTOPページ

協闘バトル(特にイベント「~剣豪からの挑戦状~」)の攻略法

通常の合戦とはスキルの効果やそのよってたつ機能が変わっています。そのため、序盤から全上げ(天下布武や甲陽軍鑑)応援スキルを使うよりは、まずは攻撃コンボを積み重ねることをオススメします。

攻撃ボタンを連打することが必須となりますので、奥義は孔明(今孔明の詭計)や兵法之極で支援するのがベストですね。その双方がない場合は深謀(深謀遠慮)などがベターでしょう。

【2015年8月9日追記】
協闘服部半蔵
とにかく、コンボです。戦力100万以下の方や110万くらいまでの方は、下手な上げや下げを使うよりもコンボを積むことと死なないことを最優先するべきです。

服部半蔵などは、敵将の説明文に「計略に弱いため、消費BPの少ない計略で攻め立てろ!」と書いてあります。これに素直にしたがってはいけません(笑)とにかく攻撃、攻撃、攻撃です!

わたしたちは、最初の奥義が発動するまでに60コンボ以上積むことを目標としています。80コンボ近く積み上げられた時には、そのバトルのSランク達成成功はかなり高まっているといえるでしょう。

Sランクを達成するためには、1に死なないこと。2に時間短縮。3にコンボ数です。このゲームの悪いところとして(良いところでもあるのですが)アニメーションがあります。使っているスマホや回線によっては、アニメーションが追いつかないケースがでてきます。

死なない(退却しない)ためには、経験を積んで何秒たったら回復スキルを使うなどのルールを覚えるといいですね。コンボ数についても同じです。115コンボまで積み上がったら強攻撃(敵中突破や圧切長谷部など)スキルを使うなどのリズムで覚えるといいかと思います。

剣豪からの挑戦状TOP

協闘バトルを戦い抜くためのオススメスキルまとめ

攻撃系スキルでは、コンボを積み上げるためのコスト5の一閃系(「神速一閃」や「朱炎一槍」)のスキルを10発以上積んでおくと便利です。孔明がない場合はより多めにですね。

また、トドメの攻撃用に「敵中突破」や「霸王撃」のような強攻撃スキルを3〜5発ほど積んでおきましょう。ここが少ないとコンボ数は積み上がったものの仕留め切れないという残念な結果に終わります。

回復と同時に戦力アップが見込まれる「不撓不屈」は、ぜひ入れておきたいスキルです。孔明などの奥義発動で一回、その後、一定間隔で使い続けることでかなり効率があがります。

「以心伝心」や「闇の独り舞」は退却した人を含めて回復できる良スキルです。入れておくとイザという時に安心ですが、固定メンバーでサクサクいける場合は不要です。「一心発起」も同じですね。味方を回復できるのはいいところですが、攻撃や補助に特化した方が効率がいい場合もあります。

「優美な音色」は、かなり重要なスキルだと思います。130しかないBPを効率よく回そうとした場合には、孔明や兵法のような奥義での支援と共に、直接BPを回復することができる「優美な音色」を使う必要がでてきます。そういった意味で、とても貴重なスキルです。

戦力が下がるのは承知の上で宇佐美定満を入れるのもいいですが、わたしは協闘バトルのために継承して育てました(笑)通常の合戦では使うかどうかわからなかったので、戦力外智将SSRである「茶々」さんに継承しています。

まとめますと

「優美な音色」と「不撓不屈」はあると重宝されます。「神速一閃」や「朱炎一槍」などのBP5スキルはコンボ積み用に多くあるといい感じ。「敵中突破」や「圧切長谷部」などの強攻撃スキルはタイム短縮や事故を防ぐために必須。

という感じですね。

協闘バトル関連メニュー

オマケ:アニメーションの遅延に悩んでいる方へのTIPS

アニメーションが遅延することで、周りのメンバーはとっくにバトルが終わっているのに、自分だけ終わらなくて困っているという話をよくききます。そんな時には一度戦線から離脱しましょう。

やり方は簡単です。上の画像のとおり右上にある「関連メニュー」を押します。するとメニューが出てくるので「この戦場から離脱」をクリックするだけです。

この戦場から離脱
「あら、不思議?!」処理が追いついています(笑)戻り方は、いつもの「協闘バトル」ボタンを押すだけです。

グッチはこう思う
SRの覚醒宝玉や各種数珠(前衛、後衛、奥義、そして補助!)、これらのお宝と潜在値開放のために必須の各種御守が手に入る協闘バトルは、やり甲斐のあるイベントです。

ぜひ、この記事にあるようなポイントに気をつけてチャレンジしてみてください♪

追記
なぜ、協闘バトルだけBPという呼称にしたのだろうか。APとややこしいんだけどな(笑)

Return Top