Read Article

戦国炎舞攻略、第十八回剣閃乱舞の報酬一覧

スポンサーリンク

毎回、チェックしに行くのが億劫なのがひとつ、実は少しずつ変えてるのではないかと思ったのがもうひとつの理由で、剣閃乱舞の報酬一覧リストを作っています。今回は修正はみられませんでした。

【参考:前回の剣閃乱舞の報酬一覧はコチラ】
戦国炎舞攻略、第十七回剣閃乱舞の報酬一覧 | 冒険者たち

【参考:こんな記事もオススメです♪】
差し引き12万円ちょいのプラス!わたしがソシャゲ戦国炎舞で課金した額と稼いだ金額を晒します | 冒険者たち

第十八回剣閃乱舞

第十八回剣閃乱舞の報酬一覧

雑兵撃退数 報酬 個数
1日1回参加 握り飯(大) 1
200人 握り飯(大) 1
600人 兵法書(並) 1
1,500人 レジェンドガチャ券 1
2,500人 握り飯(大) 1
5,000人 技能石の欠片・後衛 1
7,500人 握り飯(大) 1
10,000人 限定背景 青時雨の池辺 1
15,000人 技能石の欠片・前衛 1
20,000人 レジェンドガチャ券 1
25,000人 握り飯(大) 1
30,000人 技能石の欠片・奥義 1
40,000人 兵法書(上) 1
50,000人 レジェンドガチャ券 1
60,000人 握り飯(大) 1
70,000人 レジェンドガチャ券 1
80,000人 技能石の欠片・補助 1
90,000人 レジェンドガチャ券 1
100,000人 握り飯(大) 1
110,000人 覚醒の宝玉(R) 1
120,000人 技能石の勾玉・奥義 1
130,000人 レジェンドガチャ券 1
140,000人 兵法書(上) 1
150,000人 癒しの琵琶 1
160,000人 レジェンドガチャ券 1
180,000人 覚醒の宝玉(R) 1
200,000人 握り飯(大) 1
220,000人 技能石の勾玉・後衛 1
240,000人 兵法書(特) 1
260,000人 レジェンドガチャ券 1
280,000人 握り飯(大) 1
300,000人 兵法書(特) 1
330,000人 技能石の勾玉・前衛 1
360,000人 レジェンドガチャ券 1
400,000人 握り飯(大) 1
450,000人 SR以上確定ガチャ券 1
500,000人 癒しの琵琶 1
550,000人 握り飯(大) 1
600,000人 レジェンドガチャ券 1
700,000人 技能石の勾玉・補助 1
800,000人 兵法書(特) 1
900,000人 握り飯(大) 1
1,000,000人 武将・智将P14以上ガチャ券 1
1,100,000人 技能石の欠片・後衛 3
1,200,000人 握り飯(大) 1
1,300,000人 レジェンドガチャ券 1
1,400,000人 技能石の欠片・前衛 3
1,500,000人 握り飯(大) 1
1,600,000人 レジェンドガチャ券 1
1,700,000人 技能石の欠片・奥義 3
1,800,000人 握り飯(大) 1
1,900,000人 レジェンドガチャ券 1
2,000,000人 SR以上確定ガチャ券 1
2,250,000人 握り飯(大) 2
2,500,000人 技能石の欠片・補助 3
2,750,000人 レジェンドガチャ券 1
3,000,000人 覚醒の宝玉(SR) 1
3,250,000人 握り飯(大) 2
3,500,000人 技能石の欠片・全技 3
3,750,000人 握り飯(大) 2
4,000,000人 SSR10%ガチャ券 1
4,500,000人 握り飯(大) 3
5,000,000人 猛虎の具足 1
5,500,000人 レジェンドガチャ券 1
6,000,000人 握り飯(大) 4
6,500,000人 レジェンドガチャ券 2
7,000,000人 癒しの琵琶 1
7,500,000人 レジェンドガチャ券 3
8,000,000人 技能石の勾玉・全技 1
8,500,000人 握り飯(大) 4
9,000,000人 レジェンドガチャ券 3
9,500,000人 握り飯(大) 5
10,000,000人 SSR10%ガチャ券 1

今回の第十八回は、第十七回とまったく同じ内容のようです。前回までに地味にではありますが、ベテラン陣にも新規参入組にも嬉しい心遣いがみられましたから、このまましばらくいくのでしょうか。それでも十分かと個人的には思います。

ただ、正直、フレのなかにはもう剣閃乱舞や英傑獲得祭では走る気がしないというツワモノもでてきています。デッキが完成しつつあるのですね。補助玉や全技の玉がいらなくなるレベルになってくるとそれはそうでしょう。このあたりを解消する術を用意する必要がでてきていますね。

グッチはこう思う
ソシャゲの運営は本当に難しいと思います。突っ走る最先端の者は、ほぼ重課金者と重なるでしょう。大切にしなければなりません。「レア小判交換所」へのカードやアイテムの追加、「レベルMAX報酬」の追加などバランスがとれなくなってきている問題が多々あります。

結局は、収集癖をくすぐったり、やり繰りする楽しさこそが戦国炎舞の醍醐味のひとつだと思います。そういったところへのテコ入れも急ぎやって欲しいところです。

Return Top