Read Article

300円超の株高も薄商いで中身は閑散か?個人は次の買い場待ちですかね。

スポンサーリンク

本日(6/2)の日経平均は前日比300円ちょい高い大幅高も、商いが2兆円を割るなど全体的には様子見ムードで盛り上がりにかけていました。

日本株は遅ればせの金融相場

日本株は遅ればせの金融相場、買い材料に合致しない株価反応 | Reuters

日本株も遅ればせながら世界的な金融相場に乗ってきた。2日の日経平均は300円超の大幅高となったが、買い手掛かりとされる材料と株価の反応は合致しない。低金利をベースとした過剰流動性が出遅れ感の強い日本株にも流れ込んでいるとの見方が有力だ。

基本、外国人が主力であるため為替の影響もうけます。これだけ株が動いているのにもかかわらず為替(特にドル/円)がほとんど動いていないのも気になるところです。

わたしのウォッチ銘柄でゲーム関連株でも、ミクシィが連騰となる大幅高も終値にかけては値を消していったことをはじめとして、到底、強い相場とはいえない雰囲気です。

ガンホーについては、わたしが手仕舞った額よりも下で終始しているため、考えてはいけないのでしょうがホッとした気持ちです(笑)

グッチはこう思う
のんびりとした相場つきにも感じられます。しかし、1ヶ月前と世界を取り巻く状況は改善されたのかというと否としかいいようがありません。
もう一波乱、二波乱はあると考えています。上値では少しポジションを整理して、次の下落に備えたいと思います。

Return Top