Read Article

大阪は梅田に行ったらぜひ食べたい、いか焼きは阪神百貨店地下のフードコートの名物です。

スポンサーリンク

大阪といえば、粉モノ。粉モノといえば、たこ焼きやお好み焼きですが、今回はいか焼きです。

わたしが好んで食べるのは梅田の阪神百貨店地下のフードコート(そもそもフードコートという今風の言葉で表現していいのかがそもそも疑問ですが、昔はスナックパークと呼んでいたような。。。)にあるいか焼きですね。

なかでも、画像のネギいか焼き(価格は150円(税抜))は好物です。

お店の名前もへったくれもなく、普通にいか焼きです。Googleで検索してみましたが、普通にいか焼きという名称ででてきます。いか焼きという店名なんだとビックリした次第です(笑)

かなり昔からある店ですが、改良を重ねているようで、上の画像のような新商品を出していました。その名も「デラポン」(価格は145円(税抜))です。いか焼きには、ちょっとグレードの高い「デラバン」という玉子を贅沢(あくまで比較的ですが)に使った商品がありますが、さらにその「デラバン」のポン酢を使って食べようという意欲作なのです。

食べてみた感想としては、正直なところそれほどの違いは感じられませんでしたが(笑)、その意欲は買いたいところですね。

大阪は梅田に立ち寄りの際には、ぜひ阪神百貨店の地下にあるスナックパークにまで足を伸ばし、「ネギいか焼き」と「デラポン」の二枚を食べて欲しいですね。ふたつで税込み318円ですから、イマドキのおやつとしては秀逸なのではないでしょうか?!

Return Top