Read Article

高知でカツオのたたきを食べるなら、ひろめ市場の明神丸がオススメです!

スポンサーリンク


高知といえば、やっぱり鰹のたたきをニンニクたっぷりでですね(^^

鰹のタタキ(かつおのタタキ)は、カツオを用いた魚料理(刺身の一種)。鰹を節に切り、表面のみをあぶったのち冷やして切り、薬味とタレをかけて食べるもので、別名「土佐造り」とも言う。カツオは炙ることで、薫製にも似た香ばしさがつき、身の余分な水分が減り食感が向上し、味が濃厚になる効果がある。via:wikipedia

どこで食べても美味しいですが、安く旨いカツオのタタキを食べたいならば、ひろめ市場にある明神丸がオススメです。


鰹のたたきといえば、やっぱり藁で焼くもの。そういうお約束もバッチリです。
パフォーマンスも含めて楽しいお店なのです。

新鮮な鰹のウロコを削ぎ落とし皮つきのまま調理する。五枚におろした節を、皮目を中心に表面だけ軽く火が通るように炎で手早くあぶり、冷やす。燃料は季節と香りから稲藁がよく使われる(初夏にふさわしい香ばしい香りが好まれる藁焼きカツオは香りを損なわないように自然に冷ます)via:wikipedia

ワラでささっと焼いた焼きたてを食べるのはとくに今からの季節がオススメです。

初夏の藁と鰹の取り合せは季節感たっぷりの感じがでていいですね!


タレか塩かで悩んだりする人や、はじめてなんですという方は、この塩たたき丼がオススメです。
680円で旨いという強烈なコストパフォーマンスをたたきだします。


このテラテラとした光具合もいいですね。これに粗めの塩がまた合うのです。

においを気にする必要がない方はもちろんニンニクをたっぷりと使ってください。
言わずもがなですが最高の相性ですから(^^

繰り返しになりますが、高知でカツオのたたきを食べるならひろめ市場の明神丸。
安心して安く旨く食べられます!

明神丸 ひろめ市場店のリンクはこちら

ひろめ市場へのリンクはこちら

Return Top