Read Article

逆立ち、スクワット、カロリー摂取を控えることをやり続けて、何か変わったのか?

スポンサーリンク

記録0327
記録上では、毎日、逆立ちを続けることを47日間。スクワットを36日間。続けています。日々のカロリー摂取を控え続けることは記録には残していませんが、日々、気をつけ続け39日間ほどが過ぎました。

注:旅行をするため、この記事は二日前に書いているので公開された日付からはずれた数値となっています。

何が変わったのかを書いてみたいと思います。ちなみに、結論から言うと、体重は1kgしか変わっていません(笑)体形は締まってきたと思います!

<コトの経緯はコチラから>
筋トレと血流促進のために、逆立ちを毎日やることを習慣づけます | 冒険者たち

冒険者になるための肉体改造!よし、まずは余分な脂肪を落とそうか | 冒険者たち

効果的に基礎代謝を増やす!カラダを絞ることとパワーアップのためにスクワットを毎日やります! | 冒険者たち

逆立ちの効果はあるのかないのか

これは正直なところ、あまりわかりません(笑)現在は、毎日50秒の逆立ちをしつづけています。筋トレとしても効果はあると思いますし、血流に対する刺激にもなりそうですし、溜まった鬱血にも良さそうだという話も聞きます。しかし、医学的に検証されているのかというとそうでもなさそうです。

どちらかというとカイロプラクティックやヨガ的な立ち位置の方々から良いという評判を聞くくらいですね。そういった良いという話とは逆に、やり過ぎると上半身(特にアタマ)の細かな毛細血管が破裂するのではないかなどという怖い話も検索結果にあらわれます。

何事もやり過ぎはよくないですね。逆立ちに関しては、ホテルでも簡単にやることが可能なので、このまま一日50秒程度を続けていきたいと思います。

食生活改善の効果はあるのかないのか

食生活を改善すれば効果があるのは当り前です(笑)それなのにめちゃくちゃ恩恵を受けていないということは、それなりのことしかやっていないということです。

年度末ということで毎日、送別会や壮行会、解散会だと宴席が開かれていました。これからも花見やバーベキューなどなどにかこつけたが呑み会が多数設定されることでしょう。

劇的に改善するのであれば、宴席への出席回数を減らすことだと思っています。二次会に参加しないなどという甘い対応ではカロリー過剰摂取は防げないことは過去の実績が物語っています。わたしはお酒もたくさん呑むし、ツマミやごはんもたくさん食べるタイプなのです。。。

新年度からは、現在週に5〜6回参加している宴席を、2〜3回まで一気に減らしたいと思います!

スクワットの効果

これは間違いなくあります。大腿筋をはじめとする腰や足の筋肉が張っている感じがするし、やっている最中もきついことからもそれを感じます。

はじめは少ない回数からはじめて現在は一日に20回行っています。本当はもっと増やそうかとも思っていたのですが、少しだけ腰に負荷がかかっているような感じがしたためキープとしています。

腰を伸ばし体操をすると気持ちいいと感じたり、何かの折りにふと腰に違和感を感じるのです。腰はカラダの中心であり要です。傷めると生涯の禍根となります。ゆっくりとでいいから慎重に鍛えていきたいと考えています。

たくさんの筋肉を使うスクワットはやり方を誤るとさまざまな部位に支障が出るようです。くれぐれも正しいやり方で行いたいものです。

先日の記事にも書きましたが、簡単にポイントを列挙しておくと

  1. つま先は正面を向ける。
  2. 両足は肩幅程度か若干広めのスタンス。
  3. ひざがつま先より前に出ないように、股関節からお尻を後ろに曲げる。
  4. 太ももが床で平行になるまで腰を落としていく。
  5. より強度をあげるならば落とした状態から完全にまっすぐに戻し切らずに繰り返す。

となります。動画もたくさんyou tubeなどにアップされていますので研究しがいがあります。

グッチはこう思う
何事も続けるということはけっこう難しいですよね。どんなに素晴らしい思想や発想・思いを持っている人であっても、それらを実行できなければもったいないことです。

もちろん、間違ったことや自分に合わないことを続ける必要はないですが、一方で合わないことがわかるまでやることはとても大切だと思います。

少しずつでもいいからコツコツと積み重ねていけば、いつか捨てられないほど大きな自信につながります(^^

Return Top