Read Article

GTDをモレスキンメモポケットとロディアで実装すると、はかどるうえに続け易いのです!

スポンサーリンク

先日、参加したプチクリエイターズ・カフェVol1にて、時間管理やタスク管理が話題になった際に、みんなに驚かれた(喜ばれた?)のがわたしのGTDの実装でした。

※実装=ある機能を実際に動作する状態に持っていくためのいろいろ(好きな言葉なのでよく使いますが、一般的ではないようですね)

【参考リンク】
プチクリエイターズ・カフェVol.1に参加してエネルギーをもらってきたゼ! | 冒険者たち

GTDの収集をRHODIAで行う利点

RHODIAで収集
わたしはGTDにおける収集を基本的にRHODIAのNo11で行っています。収集とは、以下のことを指します。

  • 気になることを書きだす
  • 書き出したモノを一箇所に集める

収集における「気になることを書き出す」にあたっての紙媒体の良さは、文字であろうが図形だろうが表であろうが自由に表現できることではないでしょうか。自分がわかりさえすれば、もちろん殴り書きだってOKです。

気になることをババババっと書き出すにあたって、やり易いというのはとても大切な要素だと考えています。キレイに表現しようなどと思っていたら、億劫になってしまいかねませんから。

また、表現は自由ですし字は汚くてもOKなのですが、RHODIAのNo11で統一していることでなんとなく整った印象となります。見た目が良いというのは気持ちがいいものです。そして気持ちがいいことは続け易いものです(笑)

GTDをロディアとモレスキンで行うフルセットについて

GTDフルセット
収集における次のステップである「書き出したモノを一箇所に集める」ですが、わたしはこの役割にモレスキン メモポケットを利用しています。

モレスキン メモポケットは、普通のルールドなどのノートブックの後ろにあるポケットの大型のモノが、6つついているバージョンです(ノート欄はありません)

わたしはコレに上のステップで集めたRHODIAの紙をまとめています。モレスキンは頑丈ですし、何よりも所有する喜びがあります。そして喜びがあることは続け易いものです(笑)

RHODIAのサイズについてNo11とNo10との比較

RHODIAの大きさも試行錯誤
RHODIAのサイズについても、試行錯誤しています。持ち運びの便利さではNo10の圧倒的な小ささが勝ります。しかし、書く内容の濃さにおいてNo11のサイズ感がベストだと個人的には感じています。

上にも書きましたが、紙媒体で収集をする良さが自由な表現力というのであれば、多少、携帯性を犠牲にしてでも大きさを優先させるべきというのが持論です。

見て分かると思いますが、画像の右側がNo11で左側がNo10です。書く内容が少なければもったいないと思うかもしれませんが、1枚のメモに書く事柄は1つと決めています。

わたしは「倒した(終えた)」タスクについて書いている紙を、クシャクシャに丸めて捨てるのが好きでRHODIAを使っているという一面もあるため、丸めて捨てるにも大きい方が爽快に感じるのです。

複数の事柄を書いていると、なかなか丸めて捨てられないかもしれません。それはもったいないです。ニンゲンは爽快なことが大好きなのですから。そして爽快に感じることは続け易いものです(笑)

そういった諸々から、RHODIAはNo11をもっぱら使っています。上にも書いたように統一した方が整った印象となることからもオススメです。

モレスキン メモポケットのカスタマイズ

タブは付箋なのです
モレスキン メモポケットのポケットには、それぞれTodayのT、WeeklyのW、MonthのM、SomedayのSを設定しています。これらはNext Actionとカレンダーの要素を統合した機能となっています。

単純に、今日やるべきことはTodayに、今週中にやっつけたいことはWeeklyに、Monthはそれよりも長いフェーズがかかりそうなことや、まだ余裕があるものとなります。

Somedayの扱いは、ちょっともやもやっとしていますが、夢や希望のような漠然としたことです(言い切ったけれど、ちょっと違うかも。まだ次に何をやるのかが見えない「こと」かも)

それらのポケットに色つきの付箋を貼り付けているだけの、カスタマイズというのもおごがましい程度のモノですが分かり易くて気に入っています。そして分かり易いことは続け易いものです(笑)

GTDにおける、プロジェクトや日付を含むカレンダーの機能はまた別の実装にて行っています。それらを取り込むと巨大な記事となるので、今回は導入部として概要だけを書いてみました。

また、Next ActionなどのGTDのやり方については、様々な書籍などもありますが分かり易いものはあまりないですね。やりながら学んだ方がいいのではないかと個人的には思っています。

グッチはこう思う
わたしがGTDを取り入れたキッカケは、どうにも仕事がまわらなくなったという切実な事情によるものです。別に自分の頭や経験の範囲で何かをこなせるのであれば、こういった「やり方」や「仕組み」にこだわる必要性は薄いのではないでしょうか。

十数年前にわたしにGTDを教えてくれた何人かの先達に深く感謝しつつ、今からはじめる人にいくばくかの役に立てばと思いこの記事を書きました。

Return Top