Read Article

fire HD 6 (ブラック)がウチにやってきたので外観やサイズを中心にレビューします

スポンサーリンク

Amazonのfire HD 6(黒)(今回からkindleの表記がなくなったようです)を購入しました。早期キャンペーンで9,980円だったかな。6インチクラスの最新型タブレット(ファブレット?)がこの価格で買えるのは素直にお得だと思います。

では早速、開封の儀からいきます。

firehd6amazon

まずはおなじみのAmazonのダンボール箱ですね。普通の荷姿で到着したのですが、ひとつだけいつもと違うのは箱にリチウムというシールが貼ってあること。これは数年前に法改正され、リチウム電池を輸送する際には貼ることが義務付けられたことに則していますね。

firehd6hako

ダンボール箱を開けると、そこにはfire HD6の外箱が現れました。蜂の巣上のデザインは一瞬汚れているのかと思いました(笑)そんなに高い商品でもないので箱にまで高級感を出さなくてもいいのにと感じました。

firehd6uchihako

ところが更に化粧箱が(笑)いや、ホントに高い商品ではないのでこんなに高級感出さなくていいです。その分を別の何かにかけるべきではないかなと感じました。

firehd6porterhuu

化粧箱は内側もオレンジ色に着色してあり、PORTER風といった風情を感じます。こんなに高級か。。。以下、略。

firehd6

そして、やっとfire HD6本体とあいまみえることができました。ちょっとベゼル(額縁)が大きいのは値段なりということで問題ないです。予想よりはゴツクなくいい感じですね。

firehd6vsnexus7-1

MacBook Air11インチとNexus7とフットプリントを比較したのが上の画像です。同じ色のためNexus7との比較がわかりにくいかもしれませんが、ベゼルの大きさはNexus7もたいがいなのでfire HD6は好感のもてる大きさにまとめてきたと言えるのではないでしょうか。

firehd6vsnexus7-2

タテ、ヨコを小さくした分が厚さにしわ寄せされたのかもしれません。厚みはけっこうあります。デザインによるところも大きいのですがNexus7よりもかなり厚く感じます(実際のサイズ差も2mmほどfire HD6の方が厚いです)

そんなfire HD6ですが、ギュッと圧縮された機械感がいいと思えるのは贔屓目でしょうか(笑)

グッチはこう思う
fire HD6を買ったのは、戦国炎舞をやるためいつでもどこでも読書をするためです。けっこう積ん読状態の本が増えてきているのですよね。
(電子書籍を積ん読というのも変な話ですが)

さて、バリバリやるぞー!

Return Top