Read Article

ECBまで量的緩和?!予想外の展開に円安は進むのか?リスクオン相場継続中!

スポンサーリンク

ECB総裁が追加緩和の用意強調
いよいよ世界的バブルになるのか(というかもうなっていますか(笑))という記事が出ています。

やるぞ!やるぞ!と威勢はいいECBですが、圏内に抱える問題はそうそうそういった解を許さない状況ではないでしょうか。

ECB総裁が追加緩和の用意強調、低インフレ長期化ならQEも視野 | Reuters

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は3日、低インフレが過度に長期化するようなら、量的緩和(QE)を含む利用可能なあらゆる金融政策手段を動員する用意があると表明した。

ECBを含む中央銀行では定期的に理事会(政策を決定する会合)を行います。

前回の会合では量的緩和を含む追加政策については難色を示していたのが一転こういった展開になる訳ですから、台所事情が悪化したのかと逆に勘ぐられるところです。

FRBや日銀と違い一国だけを見ればよいわけではないECBの舵取りは尋常ではないと思います。

ECBの采配次第では巨大なバブルの醸成にさらに一押しとなることも想定されます。

ドラギ総裁の手腕に期待したいところです。

グッチはこう思う
二月のアメリカ貿易収支も悪くないため、このままリスクオン継続か?!

わたしはここから売りにまわろうと企んでます(^^

ただ、こういった相場つきでのウリは大怪我する可能性もあります。

十二分に保険をかけたうえでやろうと思います!!

Return Top