Read Article

Ameba(アメーバ)事業を構造改革するサイバーエージェントは買いか?!

スポンサーリンク

今までかたくなにAmeba(アメーバ)事業を守り続けてきたサイバーエージェント(4751)がついに構造改革に舵を切ったようです。

サイバーエージェントがAmeba事業

サイバーエージェントがAmeba事業で構造改革、1600人を半減 | Reuters

サイバーエージェントは24日、インターネットのコミュニティーサービス「Ameba(アメーバ)」事業で構造改革を実施すると発表した。関連社員1600人のうち半数の800人を成長分野へ振り向ける。有期雇用600人のうち200人の自然減も想定している。

ついに、ついに来ました!正直なところAmeba(アメーバ)事業は収益を拡大させるのが難しいだろうなと思っていました。そこから企業(特に新興企業にとっては)としての最大の資源である人材を成長分野に振り向けることはとてもよい選択だと思います。

会見した藤田晋社長は「今のアメーバは、売り上げもメディア規模も急激な拡大前提の組織規模になっているので、一度適正サイズに戻してリスタートする」と説明。「決してジリ貧になっているわけではないが、早めに思い切った構造改革に着手することが得策と考えた」と語った。

藤田社長の弁からは、未だに未練が感じられますがよくぞ思い切ったと思います。だからといって、これから急に業績が伸びるかといえばそれは未知数ではありますが。。。

藤田社長は「(予想を)大きく下回った原因で一番大きいのはアメーバで、4─6月期は2億しか利益が出ていない。当初は15億円見込んでいたが、思った通りにゲームが伸びなかったのが大きい」と説明した。

ネコも杓子もではないですが、ネット系企業のほとんどがゲーム(非ネイティブ)に資源を突っ込んだ時期がありました。GMOもそうですね。みんなが一斉に市場に入った訳ですから一気にレッドオーシャンに陥ったとさえいえるでしょう。
そこから抜け出すために、新しい取り組みをはじめるのはとてもいいことでしょうし、今後のサイバーエージェントは要チェックだと思います。

Return Top