Read Article

マクドナルド騒動の渦中ですが、中国製チキンの販売は是か非か?!

スポンサーリンク

モスバーガーが主力商品であるチキン(鳥肉)関連商品(モスチキン、照焼きチキンバーガーなど)に中国産の鶏肉を使っているということを何度か書いてきた。

中国企業の食肉安全性が騒がれている今こそ、モスバーガーは中国産のチキンをやめるべきではないか | 冒険者たち

モスバーガーが中国産の鳥肉(チキン)を使うのはイメージ戦略上のミスではないか | 冒険者たち

だからといって、中国産の鶏肉がすべて悪いとは思っていません。きっと真面目にキチンとやっている業者もいることでしょう。ただ、マクドナルドやロッテリアよりも少しだけ高級路線、手作り路線を打ち出すモスバーガーだからこそ差別化をして欲しかったのです。

Welcome_to_McDonald_s_Japan
ふと、気になってマクドナルドのHPを見てみたら、TOPページにデカデカと中国製チキンとの決別宣言が為されていました。

日本マクドナルド

こうなった今となっては、モスバーガーの経営陣は同社が中国産を取りやめたら逆に勘ぐられると思っているのかもしれません。もちろんその可能性もありますが、気にする消費者はすでにチキンを食べることを敬遠するでしょうし、ネットで事前に調べて食べるようにしているかもしれません。

また、大多数のそういったことを気にしない消費者は、別に今まで通りかもしれません(笑)それでもこの騒動の渦中では手を打てないというのであれば、ある程度おさまったあたりでコッソリと日本産のチキンに切替えればいいかと思います。

調べる人は調べて安心し食べるようになるかもしれませんし、調べない人は今まで通りに調べずに食べ続けることでしょう。

モスバーガーは日本が生んだ素晴らしいファーストフード店です。頑張って欲しいなとココロから思っています。

Return Top