Read Article

等身大ドラえもん100体は日中友好の掛け橋となるか否か

スポンサーリンク

等身大「ドラえもん」100体がズラリ
中国でもドラえもんは大人気です。そんなドラえもんの秘密道具展が等身大のドラえもん100体をひっさげて盛大に開催されているようです。

等身大「ドラえもん」100体がズラリ、北京で秘密道具展 | Reuters

日本のアニメ「ドラえもん」の等身大人形がズラリと並んだ展覧会が19日、中国の北京で始まり、多くのファンが詰め掛けた。会場には、さまざまな表情のドラえもんが100体展示され、それぞれが秘密道具を持っているという。会場では、ドラえもんに寄り添ったり、記念撮影をしたりする人の姿が見られた。

2008年くらいから中国でもドラえもんが人気だという報道が為されてきましたが、きわめつけは2011年にジェトロが調査した人気のアニメキャラクターで1位をとったというものでしょう。

日本でも大人気の世界的キャラクターであるミッキーマウスよりも高い人気を誇っていたのですからとてつもないことだと思います。

ただ、そんな人気のドラえもんですが、生誕前(笑)100年(ドラえもんの誕生日は2112年なのです)で賑わった2012年は、企画されていた生誕前の催事が延期されるなど政治に影響されるコトもありました。

100のドラえもんが集合、初日から大人気
<出展:中国国際放送>

今回の展示は画像にもあるように、かなりの規模で行われておりドラえもんの名シーンをふんだんにちりばめた素晴らしいもののようです。

おばあちゃんとのび太の逸話は思い出すだけで泣けますね。

さよなら、ドラえもんの回らしきものも見受けられました。

ちょっと気になるのは版権問題ですが、いくらなんでもこれだけ大規模な展示なのですから版元との折衝もバッチリなのかな。

グッチはこう思う
政府が主導するジャパニメーションや、クールジャパンなどの政策なぞ、つゆ知らぬ感じで民民の草の根外交が進んでくれればなと思っています。

とか書いてる矢先に商船三井の事例ですか。難しいですね。。。

Return Top