Read Article

米沢の名物駅弁「牛肉どまん中」は楽しくなるほど旨い弁当です♪

スポンサーリンク

東北新幹線に乗る時の楽しみのひとつが、この「牛肉どまん中」です。東京ではJRの上野駅か東京駅で購入することができます。山形新幹線の場合は車内販売もあるようですが、わたしは車内販売で買ったことはありませんので未確認です。

お値段は税込み1,150円。パッと見は高く感じますが、秘伝のタレで煮込まれた牛そぼろや牛肉が、本当にタップリのっておりボリュームがあります。

牛肉どまん中本体
気になる中味については、山形県産米の「どまん中」を中心に、秘伝のタレで煮込んだ牛そぼろや牛肉、かまぼこ、卵焼き、野菜の煮物などと比較的オーソドックスな駅弁です。

しかし、そのひとつひとつが美味しいのです。わたしは原則として冷めたご飯は食べない主義なのですが、この「どまん中」というお米は冷めていてもウマイですね。お弁当の名前の由来もお米の名前からとってるくらいですから、この駅弁の隠れた主役はコチラなのかもしれません(笑)

注記:冷めたご飯は食べないと書くと、贅沢なヤツというカンジですが、幼少の頃、家庭の事情で温かい料理に餓えていたという原体験に基づくものです。温かければなんでも食べますというカンジ(笑)

【そういえば、この記事の時にも似たようなこと書いたな(笑)】
旅のお供に崎陽軒のシウマイ御弁当!冷めても美味しいは本当なのです(笑) | 冒険者たち

そして、米沢駅名物とまで言われているので、使われている牛肉は米沢牛かと期待が膨らみますが、そういった表記は一切ありません(笑)

牛肉どまん中パッケージ
和菓子屋だった製造元にしかできない、山形のおいしいお醤油を用いた独自製法のタレで煮込むことで、甘すぎず・しょっぱすぎずの絶妙な味わいに仕上がっています。

それにしても、この駅弁を求める方のなかには、米沢牛を期待して買われる方も多いのだろうなと考えると、ちょっと残念な気もしますね(笑)駅弁はけっこうお値段するものですが、1,150円という価格設定からも期待してしまうところはあるかと思います。

ただ、米沢牛ではないから、この駅弁の魅力が損なわれるかというとそうでもありません。あの「牛肉どまん中」を東北行きの新幹線の中で食べる。その旅情感だけでも魅力ですね(笑)

ちなみに、ラインナップには「牛肉どまん中 しお」と「牛肉どまん中 みそ」というモノがあるようです。名前の通り、特製の塩だれと特製の味噌だれで味付けをするタイプとなっているようです。

この両者共、本社の工場での直接購入か米沢駅での購入のみとなっているようです。米沢駅に立ち寄る機会があれば、ぜひ、一度、食べてみたいものです。

また、本社工場の直売所では、できたてホヤホヤのお弁当も買えるようです。これまた食べてみたい!!米沢駅のすぐそばにあるようですからチャンスはありそうですね(笑)

グッチはこう思う
駅弁はあまりボリュームがないモノが多いため、この「牛肉どまん中」もその容器の大きさからいっても「物足りないかな」という危惧がありました。

しかし、上にも書きましたが、惜しみなくふんだんに使われている牛そぼろ煮・牛肉の充実度と、その下に隠れているご飯のボリュームでかなりお腹いっぱいになります。

わたしは温かい緑茶と共に食しましたが、ほうじ茶なども合うかと思います。ぜひ、一度、ご賞味ください♪

Return Top