Read Article

ベッドと椅子と靴は、最良のモノを探しなさいという格言について

スポンサーリンク

ベッドと椅子と靴は、最良のモノを探しなさいという格言がイギリスにあるそうです。本邦のビジネスマナーのなかにも靴にはこだわりなさい(ちょっと違う?)というものがあったと思いますが、洋の東西を問わず、靴がキーアイテムであるのは違いがないようです。

ALDEN-box
わたしは靴が大好きでたくさん持っていました。ただ、靴というものはたくさん持っていてもお気に入りができてしまうと、なかなかすべてを履くことはできないものです。だから最近はこだわりをもってチョイスしたいくつかの靴を重点的に履き回しています。

オンビジネスでも、ALDEN(オールデン)を筆頭にUGGなど硬軟混ぜて楽しんでいます。オールデンの靴は、キチンと採寸し足に合ったモノを買うと一生モノに成り得ると思えるほどの履き心地と丈夫さを持っています。

注意:わたしの友人は合わなかったそうですから、必ず試し履きをしつこくやることをオススメします。具体的にいうと、ただ履いてみるだけではなく、お店の中をある程度歩いてみることです。それで違和感がないかをキチンと確認しましょう。これはオールデンに限らず、すべての靴に言えますね。

UGGは冬場は暖かくて重宝します。フワフワのファーが入っているモデルもあるため、男性は敬遠する傾向があるかもしれませんが、個人的にはその機能性から男性であってもオススメですね。

UGG-box

椅子も大好きなので、ウチにはやたらとたくさん椅子があります。

書斎で作業する際には、オカムラのBaronを長年愛用しています。アーロンチェアはあまりにもいろいろな人が持っていることと、日本のメーカーを応援するという気持ちで購入したのですが、今では手放せない一脚になっています。

食卓ではイームズのDSWをもっぱら使っています。こちらはプラスチッキーなチープさと木の美しいコントラストが魅力です。最近は、リプロダクトというか中国製のいい加減なモノが氾濫しているので淋しい限りですが、、、ただ、椅子は靴以上にたくさんあっても仕方がないもので、最近は気に入ってくれた人に譲ったりしています。

ベッドについては、実はあまり気にしていませんでした。しかし、睡眠という人生において非常に重要な要素を担っている訳ですから、それはこだわらないといけないなと改めて気付いた次第です。

ベッドというよりはマットレスになるのかもしれません。睡眠の深さ(充実度)は翌日の活力に影響するので、これからキチンと調べて対応していきたいと考えています。オリンピック選手が使っているということで話題になっているエアウィーブや、ネイマールやカズがCMしている東京西川のエアーあたりが本邦の代表作でしょうか。

グッチはこう思う
こうやって記事を書いていて気付くこともあるものですね。睡眠を司るマットレス、急ぎ調べて気に入った逸品を購入しようと思います!

Return Top