Read Article

よく生きる。一分間の黙とうで何を考え何を思ったか

スポンサーリンク

よく生きる
本日、仲間たちと一分間の黙祷を捧げました。

黙祷とは、何かに祈りを捧げたり、何かに祈ったり、内証を行うことであるため、一分間の黙とうの間に何を考え・何を思ったのかを長々と書くものではないかなとも思いますので手短に。

一言で言うと、よく生きようと思いました。西洋文化や西洋哲学でいうところの「善く生きる」ではなく、とにかく生きないとなと思ったのです。
バカみたいな話ですが、食べたり飲んだり、笑ったり、怒ったり、悲しんだり、時には人とケンカをしたり、ののしったりすることも生きていないとできません。

ふと、思い立って大辞林で「生活」という言葉を調べてみました。

生活
1.暮らしていること。暮らしていくこと。
2.生きて活動すること。
3.暮らしを支えているもの。生計。

生きて活動することだなと思いました。笑えるほど単純な話ですが、わたしは生きている限り生活したいと思いました。

Return Top