Read Article

欠損していた2015年2月9日のGoogle Analyticsデータが復旧に至る過程について

スポンサーリンク

まさに昨日、記事にしたばかりのGoogle Analyticsで2015年2月9日のデータが欠損している?!が解決しているようなので、その件について書きたいと思います(笑)

Google_Analytics0215
昨日の記事でも、グーグルの先進的なバグレポートの凄さに驚いたということを書きましたが、この対応の早さに二度驚いている次第です。

ちなみに、気になる昨日までの状況画像もあわせて貼っておきます。
20150209データ欠損

昨日の時点では、「無料サービスであるGoogle Analyticsに多少の不具合があっても仕方がないよね」的な記事を書いていましたが、実際に修正され元に戻ったモノをみるとやはり嬉しいものです。

Google Analyticsで不具合があった場合は「ご意見を送信」してみよう

バグレポートに詳細な状況を書き込んだことが功を奏したのだと思いますが、詳細な状況(画像をキャプチャするなど)を報告できる仕組みなどが用意されているのが素晴らしいですね。

Google_Analyticsご意見を送信
わたしの場合は、Google Analyticsの画面の右上にある歯車マークのメニューにある「ご意見を送信」から不具合を連絡したところ翌日である本日、対応が完了していました。

ユーザー_サマリー_-_Google_Analytics
「ご意見を送信」する過程で、画面のキャプチャをとる仕組みがあります。別のアプリを使うことなくブラウザ上でこういったことが行えることは素直に凄いなと感心するばかりです。

登録しているGmailやアナリティクスのアナウンス画面にも何も出ていませんので、個別対応ではなく全体的な対応だったのかもしれません。

まだ、自分のアカウントでは2月9日のデータが欠損しているよという人や、別にその日でなくても怪しいなと思われるデータがある人はダメモトで連絡してみるのもいいかもしれませんね。

グッチはこう思う
ブログをはじめた頃はあまり気にしていなかったアクセス数、PV数。少しずつ増えてくるにつれて気になってきました。

無料サービスでこれだけ手厚い内容を知ることができ、かつ、不具合の対応も迅速なGoogle Analyticsをわたしはこれからも使い続けていこうと思います。

Return Top