Read Article

夏本番前のゴキブリ対策!ブラックキャップと湿気取りが超オススメなのです!

スポンサーリンク

【2016年6月13日更新】

わたしはゴキブリが嫌いです。どのくらいキライかというと見るのもイヤなほどきらいなのです。あまりにも嫌いなので下の画像でもヤツらの絵にはモザイクをかけています。

わたしが住んでいる家は、まだ新しく建物の上層階だったこともあり、しばらくはゴキブリを見ることがなかったのですが、4年前にヤツが洗面所に現れました。

その時から、わたしの徹底したゴキブリ対策がはじまりました。実際に対策を施してからというもの、家でヤツの姿を見ることはありません。私が対策する中で会得した秘訣を記事に書きたいと思います。

とり急ぎ、Amazonのゴキブリ駆除ページを見たい方はコチラ

ブラックキャップ

ゴキブリ対策には、まずはブラックキャップがオススメ!

害虫対策のブランドといえばフマキラーとアース製薬、そしてKINCHOこと大日本除虫菊が有名ですが、アース製薬の「ブラックキャップ」をわたしはまずはオススメします。

ゴキブリを見つけた後は殺虫剤で退治するのですが、そもそもわたしはゴキブリを見たくないのです。という訳で設置タイプの罠で予防することを前提としています。

有名ドコロでは「コンバット」と「ブラックキャップ」でしょうか。この両者は、どちらがよいというのは一概には言えません。常に改良を重ねているからです。主成分もそうですし、設置しやすいように容器を改良したりと素晴らしい取り組みを両社が行っています。

例えば、「ブラックキャップ」の説明ページを見てみると、

7つの効果でしっかり効く!
■「ブラックキャップ」シリーズ基本の4つの効果
1)その日から効く!
・置いたその日から効果が現れる速効成分フィプロニルを配合
・餌を食べたゴキブリを速効退治 
2)メスの卵にも効く!
・餌を食べたチャバネゴキブリが持つ卵にも効く
※抱卵初期のメスに対しての効果
・ゴキブリの卵から成虫までトータルに効きめを発揮
3)薬剤抵抗性ゴキブリに効く!
・薬剤に対し抵抗力を持ったしぶといゴキブリにもしっかり効く
・もちろん、大型ゴキブリも速効退治。どんなゴキブリにも効く
4)巣に潜むゴキブリにも効く!
・餌を食べたゴキブリはもちろん、そのフンや死骸を食べたゴキブリも駆除
・巣の中の幼虫や他の成虫もすばやく巣ごと退治

どうでしょうか?かなり効きそうですよね。もちろん「コンバット」の方も同社の説明ページでは、負けず劣らずの高性能っぷりがアピールされています。

わたしは容器の薄さよりも小ささを重視しているため、「ブラックキャップ」の12個入りを年に2回購入しています。Amazonで買うとかなり安いです。これは街のドラッグストアとほぼ遜色ない値段であるため、買いに行く手間の分だけおトクだと思います。

ブラックキャップを置いた場所はメモをとっておきましょう

上にその小ささを重視していると書きましたが、あまりにも小さいためどこに設置したのか忘れると、見つけるのが大変です。

成分の有効期間が6カ月であるため、年に二回しかブラックキャップのことを考えることはありません。逆にいえば、スッカリと忘れてしまう可能性がありますので、設置した場所のメモをとっておくことをオススメします。

例えば、わたしの場合は、

  1. トイレの個室の右奥
  2. 洗濯機の裏の右奥
  3. 書斎の大きな机の左奥
  4. 客間の窓際の右奥
  5. 台所の向かって右奥
  6. 冷蔵庫の右奥
  7. リビングのテレビ台の下
  8. ウォークインクローゼット入ってすぐ左
  9. 玄関の靴箱の下
  10. 納戸の向かって右手前
  11. 寝室の入って右奥
  12. 車の最後列

といった感じですね。これで半年間はブラックキャップのことを考えなくて済みます。それはイコール、ゴキブリのことを考えなくて済むということでもあるので、わたしの精神衛生上、とても良いことなのです。

ゴキブリ対策には除湿器もオススメ

わたしがゴキブリをここまでキライになったのは、沖縄で巨大なヤツに出会ってからです。なぜ、沖縄には巨大なヤツらがいるのだろうと調べた時に、ゴキブリたちが生きるためには暖かい適当な温度と湿度が必要だということを知りました。

春から秋にかけて(特に夏)、北海道を除く日本列島は適度な温度と湿度を保ちます。そして本邦で最も高い温度と湿度を持つのが沖縄なのです。

それを知ったわたしは、むしろ逆に湿度を下げることでゴキブリが嫌がる環境を作り出せるのではないかと考えたのです。温度を下げることも有効かもしれませんが、わたしはエアコンがあまり得意ではないため除湿器を用いて湿度を下げることを中心にしています。

わたしは下のコロナの商品を使っていますが、安心の日本製ですしかなりの除湿性能を持っています。使っているうちに、驚くほど容器に水が溜まっていくので、それを見るのが楽しみになるくらいです。

弱点は、放熱で部屋の温度が上がることです。「え?夏場に部屋の温度が上がるの?」と思われるかもしれませんが、ここは工夫しましょう。寝室に行く前に除湿器をかけておくなどして、生活の場(利用する時間)をズラすのも一手ですね。

エアコンが苦手でないならば、併用することでカラッとした空気のなかでエアコンの効きもよくなるという知人の意見もあります。

グッチはこう思う
除湿をすると効果があるのかは、正直なところわかりません。おそらくブラックキャップがかなりの効果を発揮しているのではないかと思っています。

しかし、ゴキブリはどこからでも侵入してきます。設置したブラックキャップがヤツらを駆除する前に、遭遇したらたまったものではありません。とにかく、自分の家をヤツらが嫌う環境にしておくことが大切なのではないでしょうか。

そういった意味では、最終的にはプロに頼むのが確実です。わたしの事務所が入っているオフィスビルでは、こちらのプロに頼んでいますが、ゴキブリを見ることはありません。家庭向けのサービスもやっていますし、ある程度のお金はかかりますがプロに駆除を任せるというのも一考に値するかと。まずは無料診断からはじめてみるのがいいですね。

ダスキンのゴキブリ(害虫)駆除サービス

Return Top