Read Article

2015年2月末時点でプレイしているゲーム(ソシャゲ)とその課金額

スポンサーリンク

タイトルの通り、2015年2月末現在、やっているゲームとその課金額を列挙します。楽しんでいる(いた)順とします。

No タイトル 直課金 他課金 開始 終了
1 戦国炎舞-kizna- 13,500円 0円 ’13 07/10〜
2 グランブルーファンタジー 0円 0円 ’15 02/04〜
3 サウザンドメモリーズ(千メモ) 0円 0円 ’15 02/10〜
4 ぼくらの甲子園!ポケット 0円 0円 ’15 02/25〜
5 千年の巨神(せんかみ) 0円 0円 ’14 11/10〜
6 三国志乱舞 0円 0円 ’15 01/12〜
7 ロード・トゥ・ドラゴン 0円 1,260円 ’13 11/22〜 〜’14 07/31
8 GAME OF WAR 3,500円 0円 ’14 06/01〜 〜’14 07/31
9 蒼穹のスカイガレオン 300円 1,680円 ’13 08/31〜 〜’14 10/31
10 チェインクロニクル 11,600円 3,310円 ’13 08/10〜 〜’14 05/31
11 ブレイブフロンティア 0円 0円 ’13 07/18〜 〜’14 01/31
12 ナイツオブグローリー 0円 0円 ’13 11/24〜 〜’13 12/10
13 レギオンウォー 0円 0円 ’13 11/09〜 〜’13 12/29
14 ドラゴンタクティクス 3,100円 0円 ’13 12/15〜 〜’14 03/31

※表の見方としては、直課金はゲーム内で課金をしたモノ。他課金はグッズや関連書籍を買ったり、まだ課金はしていないけれどiTunes CardやGoogle PLAYカードを買ってチャージをしているモノ。すべて累計の金額となります。

ぼくらの甲子園!ポケット_App_Annie

ぼくらの甲子園!ポケット

カヤック(3904)で人生初のテンバガー(10倍銘柄)を目指すわたしとしては、同社のソシャゲを応援するのは当然の理とさえいえるでしょう。

そんな運命のソシャゲ(笑)が「ぼくらの甲子園!ポケット」です。

このゲームが画期的なのは、よくあるチーム運営ではないところです。なんと、プレイヤーがおのおの一人の選手を操って、複数人で野球を行っていくというチーム戦の要素を色濃く出している作品なのです。

さすが、カヤック。今までたくさんのゲームで失敗しているという財産を活かしていますね。実にソーシャルの要素が強いゲームに仕上がっています。地味に課金したくなるポイントがたくさん散りばめられています。

このゲームについては、おいおい記事を書いていこうと考えています。

グランブルーファンタジーとサウザンドメモリーズもはじめてみました

こちらはお試し感覚ではじめたところ、いきなりSSR級のレアが当たったので続けています。こういう導入の仕方はアリではないでしょうか。戦国炎舞の運営さんもこのくらいの大盤振る舞いをして新規参入層を呼び込んで欲しいところ。

ガチャをいくらあげてもあまり意味がありません。しょせんは運ですから。かといって、新規優遇でガチャの確率を変動させたり、操作されるのは少しイヤな気持ちになります。

レベル100に到達したら、コストP17以下のSSRを自由に選ばせるくらいのことはやってもいいと思います。SSRが一枚あるとやり続ける大きなモチベーションになると思うのです。

グッチはこう思う
戦国炎舞がサイバーエージェントのサーバーが落ちるという内部事情ではありますが、二日間に渡って接続できない状況に陥っていました。その間に新しいゲームに移った人、移住まではいかなくともやり始めた人が、かなりたくさんいると思います。

暇な時間を埋める人、楽しんでいる人、人と一緒にやっている人。人それぞれのプレイスタイルがあるのでしょうが、これだけ新しいゲーム、しかもビックタイトルが量産される昨今です。スマホでゲームをやる人の興味の移り変わりは早いと思われます。

戦国炎舞の運営陣は今ごろBCPの体制も確立され、今後、このような事態に陥らないよう対処されていることと思います。裏面での対処だけではなく、そういったことをtwitterや自社のHPを使ってPRしていってはどうでしょうか。

同様に戦国炎舞のガチャの仕様に対し、表記や表現がおかしいとの指摘がネット上でよくみられますが、それらに対してもキチンと反論というか仕様を公開する必要があるのではないでしょうか。

最後になりましたが、今月の課金額は0円でフィニッシュです。

Return Top